にほんブログ村 I'm sumire art

Facebookページも宣伝

タイトルなし

2015-01-24 Sat 00:02



土星について、書こうと思いながら、

射手座に移行して、1ヶ月が経とうとしている(^^;

蠍座の私としては、2年半ともに過ごした土星さまが、

お隣に引っ越されて、羽を伸ばしていました


蠍座はもともと、闇に手を突っ込んで、

未来を探すのが案外普通なので、

土星が蠍座にあった時も、元来の重さに重さが加わっただけで、

傍目にはそれほどの変化なしだったのでは?

とか今だから余裕(・・;)?


土星は占星術では、辛い役割を担っているんだけど、

自分の見解のため、ここ2年半の間観察していました


はっきり言って、太陽星座が射手座の方にとって、

土星が入る数年は、決して軽くはないと思います。

軽くない。。。これが幸せ不幸せと言う基準では無いコトを、

最初に書いておきたい。

もともと、射手座は実社会のシステムや価値を、

自分の基準に生きていないでしょう?

土星が担う、義務とか責任とか、

学校や一般家庭で教えられた形が、

射手座の方のベストな形でもないでしょう?

例えば、定職は一つで定年まで勤め上げるとか、

結婚して、大黒柱として父親らしく威厳を保ち家庭を守るとか。

どちらも、素晴らしいことなのは間違いないけれど、

射手座の今生の私を生きる!と言うこととは、

ステージが違っている。


占星術は太古の昔から存在していて、

もっと緩くて広大だったはずなのに、

宗教の模範にそって捉えられるようになってしまった。


ドラゴンヘッドとテイルも、

西洋と東洋では、立ち位置が違うから意味は真逆。


土星が入ると、そのハウスにある惑星の力が結晶化します。

出来るコトと、出来ないコトを自分の身で痛感します。

私の経験からだけど、

そこにあるのは、自分の基準軸なの。。。

土星に無理!って言われる訳じゃない。

今生の私自身が決めていくってこと。


だから、大好きな射手座のみなさんへ。

射手座らしい、けじめの付け方をすれば良いのです。

射手座の素晴らしさを制限しようなんて、土星はしません。

土星は射手座らしさを形にしていくための、

強い力。

土星と向き合うと、不安が消えます。

どうせ逃げられないんだから(体内の太陽は捨てられないもの)

射手座の自分を、実社会で安定させて下さい。

もちろん、あなたのスタイルで






sumire
スポンサーサイト

別窓 | アストロジー | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<タイトルなし | このはな池 | タイトルなし>>
コメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
| このはな池 |