にほんブログ村 I'm sumire art

Facebookページも宣伝

スポンサーサイト

-------- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

水の女神と男

2017-08-17 Thu 01:24

20841011_996680530474659_3105601919032114351_n.jpg
弁天池へ行きました。
出かける前の夜、娘とご飯を食べていると、幻視で娘の左のこめかみから血が流れいて、
ハッとしながらも、黙って食事を続けました。
次の日、一緒に山口県へドライブに行く予定だったので、少し思案する・・・。
夜、眠る前にその幻視の事を娘に話すと、
面白いくらいに怖がって、その姿が何だか可笑しくって私は大笑いしました。
すっかり場の空気が変わって、安全運転で出かけることに決定しました。
こういう事は言葉にした方が、経験上良いのです。
そして笑って(バカにして笑うのではなく)楽しい気持ちに切り替える。
そして感謝すると良いです。

水の美しい場所は、大抵、女神の縄張りです、
アーサー王が湖の女神から聖剣を受け取ったり、
水滸伝の中に登場する女神は九天玄女。
池の真ん中にある祠には弁天様が居るし。

そして水の女神は、とても強いです。
どこか気鬱さも感じさせる深さがあって、
創造のミューズは、この気鬱さから美しいものを引っ張り出します。

20840726_996680443808001_2563389637698316368_n.jpg


水の女神と繋がると、負荷も背負うことになりますが、
それは水に沈みやすくなるので、
よりディープに水の記憶に触れることができます。
そして大切な事は、一人でその水に浸からなくてはいけないということ。
誰も知らないままに、溺れてもがく。

水から上がってきた時、
自分の事には関心がなくなります。
水で融解してしまって、自分という輪郭が曖昧になる。

他の人にはそう見えないけれど、
ずぶ濡れのまま、ヒタヒタと雫を垂らしながら、
家に帰るのです。

そして自分の前に、何者かが現れる。
アーサー王のように。
宋江のように。
その時、その男にどうでも良くなって溶けだした「私の一部」を授けるのです。
エクスカリバーを授けるように。
その男はその「私の分身」を持って、戦いに向かいます。


女は時々、こうやって一人で水に沈みに行かなくてはいけないのかもしれません。
男がやって来るから。
癒して欲しいと、強くして欲しいと言って。
私の溶けだした一部を求めて。






スポンサーサイト

別窓 | 女神との会話 | コメント:0 | ∧top | under∨
<<秋分と死者の書 | このはな池 | 弁天様とシンボロジーの旅>>
コメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

| このはな池 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。