にほんブログ村 I'm sumire art

Facebookページも宣伝

スポンサーサイト

-------- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

2017-03-01 Wed 00:24

自分が死ぬことから、どうやっても逃れられない事に、

突然気が付いて、その思考にロックオンされたのは、高校2年生の時でした。

きっかけは、ジャニス・ジョプリンの自伝的な映画「ローズ」の最後のテロップ。

死んだ彼女の部屋をバックに、ローズの曲と共にテロップが流れる。

その部屋が、私の部屋ととても似ていたの。

壁に沢山の切り抜きや、ポスターが張ってあって、混沌としている十代の女の子の部屋。

私が死んだら、この部屋はこのまま置き去りにされて、

私だけがいなくなる。

このアイデアは、思春期の女の子の頭の中を真っ暗にしていった。

いつか死ぬのに、朝顔を洗う気が起きないし、髪をとかして何になるわけ?という、

今現代でいう、「鬱」状態になって、毎日、顔を洗わず、髪もとかさず、学校に行った。

もともと、学校に友達はいない派だったから、何だ問題は起こらないので良かったけれど、

3か月くらい、この「死ぬのに、なにやっても意味ない気分」は続く。

それでも学校へ行くのは、家が軍隊みたいで軍律みたいなものがあって、

行かないともっと辛い苦役を負わされるからだったけれど、

何でもいいから外に出て、町を歩くというのは良かったかもしれない。


私がこのダークサイドから立ち直ったきっかけは、

ビートルズの「ハローグッバイ」を聞いた事だった。


You say yes, I say no
You say stop and I say go, go, go
Oh no !
You say goodbye and I say hello
Hello, hello
I don't know why you say goodbye
I say hello
Hello, hello
I don't know why you say goodbye
I say hello

「こんにちは」 「さようなら」
「こんにちは」 「さようなら」

この曲をずっと聞いていると、

生きて、死んで、生きて、死んで、生きて、死んで、生きて、死んで、生きて、死んで、生きて、死んで・・・・・・・・

この繰り返しで、死ぬのも、生きるのも、違いはないような、

同じコトのような気がしてきたわけです。

この辺りになると、私の風貌もかなりオカルト的な感じに仕上がっているので、

もうそろそろ立ち止まらないと、本当に病院へ連れていかれる5秒前。

とりあえず、朝は顔を洗って、髪はとかして、ご飯も食べて、考えていけばいいかと、

少し余裕が出てきたのでした。


今は生きていることを忘れそうになる。

死んでしまうことも、忘れそうになる。


だけどね、あの大好きな人が逝ってしまうんだって。

私を愛してくれた人が、今年の桜をきっと最後だとか思いながら眺めるんだって。

あれから大好きな人達が、逝ってしまうのを何度も見てきて、

お前もいつかそこに逝くのだと、

大丈夫、たった一度だけ死ねばいいんだよと、

先に逝く人の背中がそう言うんだよね。




菫(Sumire)






スポンサーサイト

別窓 | 女神との会話 | コメント:0 | ∧top | under∨
<<太陽は耳がない | このはな池 | プログレスの月からのメール>>
コメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

| このはな池 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。