にほんブログ村 I'm sumire art

Facebookページも宣伝

スポンサーサイト

-------- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

天体が入っていないハウス

2017-02-18 Sat 01:10



ホロスコープで天体が入っていないハウスについて。

天体は役者(性質やスキル)を現し、

サインは衣装(環境)を現し、

アスペクトは関係を現し、

ハウスは舞台(場面)を現します。


もし生まれてくる前に神様と相談しながら、自分のホロスコープを作れると仮定してみて下さい。

12サイン、12ハウスのホロスコープに配置できる役者の数は10人です。

(その中には、人の形態をとっていないものも混ざっています)

人は生まれてくる前に、それまでの過去生に残してきた宿題を次こそはと考えます。

それが「幸せになる」といシンプルなものであっても、

そこには沢山の思いが込められています。

どんな幸せが欲しいのか、

何故その幸せを望むのか、

それはこれまでの反省や、これからの課題が満載です。


自分のホロスコープの中の太陽の位置を確かめてみて下さい。

そこは生まれてくる前に、どの舞台でどんな衣装を着て何をしたいのか、

そんな希望の証です。

神様と相談しているのですから(魂の霊系の長とも考えれますが)

その配置は自分一人のものではありません。

そこに「役割」が生まれます。

12サインと12ハウスの中に、10人しかいない役者を配置しながら、

プラスをマイナスとし、マイナスからプラスが生まれる事を想定します。

それはとても複雑なプロジェクトです。

家系、両親、兄弟、友人、恋人、配偶者、子供、上司、同僚・・・・

あらゆる出会いはすでに組み込まれていて、

自分にとって何が大切なのか知る旅が始まります。


天体がいくつも入っているハウスは、

私は強い「我」を感じます。

拘りです。

それはある意味、自信のない部分である感じもします。

ここまで投入しとけば、何とかやってくれるだろうと・・・・。

私のホロスコープで例えると10ハウスです。

ここに6人の役者を投入しています。

10ハウス自体、カルマのハウスであると私は考えるので、

よほどの強い思い入れがあるのだと思う。

それでは役者がいないハウスは?と考えた場合、

それは「自信のある分野」であるか、

出会いによって、そのハウスに後天的に役者が入ってくるかだと考えます。

私のホロスコープを例えにすると、

10ハウス(仕事)に6人入っていますが、2ハウス(稼ぐスキル)や6ハウス(労働形態)には、

一つの天体も入っていません。

こらこら、10ハウスを実行するスキルとかどう働くかは無しか?となりますが、

自分の感覚で分析してみると、2ハウスは魚座、6ハウスは双子座で、

その支配星の二つとも10ハウスに入っています。

物凄く簡潔に言えば、出張しているみたいです。

もし6ハウスは山羊座なら、土星がどこに出張しているのか確認してみて下さい。

それから、メインになるハウスと天体、それを支えるサブのハウスと天体というものがあります。

私のホロスコープの場合、メインは10ハウスです。紛れもなくです。

だから2ハウスと6ハウスの支配星を出張と例えましたが、

サブの役割はもっと遊び的要素を感じます。

私のサブは9ハウスにある火星と天王星です。

ハウスの繋がりで考えると、3ハウスと7ハウス、それから11ハウスに注目します。

3ハウスは牡羊座で、その支配星の火星が9ハウスに遊びに来ている。


天体が入っていないハウスは、ホロスコープと対話しながら、

何狙い?とか言いながら、

12サイン、12ハウス、10天体を実際に頭の中で動かしながら考えてみると、

新しい発見があるとおもいます。



菫(Sumire)




スポンサーサイト

別窓 | アストロジー | コメント:0 | ∧top | under∨
<<鎮魂と浄化 | このはな池 | 運が良いということ>>
コメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

| このはな池 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。