FC2ブログ

記事一覧

運が良いということ

16142278_860267194115994_2497667733115446014_n.jpg




先日、武田鉄矢さんのラジオ「今朝の三枚下ろし」という番組の中で、

運について書かれた本のお話を聞きました。

そのお話の中に「東郷平八郎氏」が登場します。

*東郷平八郎は明治の海軍軍人。日露戦争では連合艦隊の総司令官を務める*

東郷平八郎はとても「運」が良いと言われていて、そのエピソードは沢山残っていますが、

そのお話の中で私が感じたのは、東郷平八郎は生まれながらに、

国の一大事に必ず役に立たねばならない瞬間が来ると、

霊感のようなもので判っていたのではないかという事。

もちろん、このお方にお会いしたことなど無い私ですが、

東郷平八郎氏は、日常生活の中で些細な事で、我を通すことをなさらなかったのではないか思いました。

毎日の小さなラッキーを、あえて望まなかったと。

東郷平八郎氏は「帰り道」を変えなかったそうです。

毎日、同じ道を通って帰る。

その道すがら、何かトラブルの種に繋がりそうなものがあると、

それが道からいなくなるまで待っていたとのこと。

どうでも良い勝負はしない。小さな事で我を通さない。

そんな日々の積み重ねが、ここぞという場面で運を味方につける方法なのかもしれないと思う。

なんでも自分の思い通りにする必要はないのです。

他者へ譲りながら日々を暮らし、

自分の大事を成すことだけを考える。

それが運がよい生き方なのかもしれません。


個人セッションのお申込みはこちらまで→このはな池HP

菫(スミレ)




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

菫

Author:菫
西洋占星術師であり、星の画家です。
バースチャートの鑑定、そのチャートからリーディングした絵を描いてお届けします。
普段の私は紅茶とワインが好きで、歴史小説ばかり読んでいます。
星とは前世からずっと一緒にやってきて、
そこから神の意志を地上へ降ろしていました。
星のこと、精神世界との関わり、神様のこと。、絵のこと。
HPからお問い合わせください。

菫(スミレ)