記事一覧

天王星と心

12651380_664411220368260_8486940801024242939_n.jpg



天王星に心(感情)があるのか?という問いの答えを考えていました。

土星以降の天体の心は計り知れないと言えば、それで一応は落ち着くんだけど、

それらの天体(天王星、海王星、冥王星)が個人天体にアスペクト(角度)を作ると、

その人の感情も価値観も感覚も、根底から揺らぎます。

私個人では、火星と天王星が天秤座で重なっていますが、

火星は天王星仕様になっている為、単独で戦う方が自然で楽です。

小さな占星術講座というものを行っているのですが→このはな池メニュー

そこで天王星についてのテキストの中に、私はこう書いています。

天王星は何かを深く考えて行動するような天体ではありませんが、
天王星が動いた後に、人は何かを深く考え目覚めていくのです。


天王星、海王星、冥王星は、未来的な天体です。神の計画みたいに・・・。

これらの天体に連動する形で、心は迷ったり、壊れたり、目覚めたりします。

天王星は何かを深く考えて行動するような天体ではないという一文は、

人間の感覚、土星の枠の中での価値観での「思考」です。

だけどその向こうを、私たちは持っている。

自分が持っているものを、自分と切り離して考えるより、

得体の知れない「知」というものが、心を超えた領域で私の中に確実に在ると言い切る時、

ホロスコープの中の天王星がニヤリと笑うのかもしれない。

よし、次に行こうかと。


菫(スミレ)




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

菫

Author:菫
西洋占星術師であり、星の画家です。
バースチャートの鑑定、そのチャートからリーディングした絵を描いてお届けします。
普段の私は紅茶とワインが好きで、歴史小説ばかり読んでいます。
星とは前世からずっと一緒にやってきて、
そこから神の意志を地上へ降ろしていました。
星のこと、精神世界との関わり、神様のこと。、絵のこと。
HPからお問い合わせください。

菫(スミレ)