にほんブログ村 I'm sumire art

Facebookページも宣伝

スポンサーサイト

-------- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

蠍座の棘

2016-10-24 Mon 00:30

14718696_803537143122333_2822510163036205572_n.jpg

蠍座の季節に入りました。

これから約一か月ほど、太陽は蠍座を進んで行きます。

人は誰でも才能や知識の中に、蠍座の棘を持っています。

その棘に自ら刺さらないように(気が付かないように)生活しています。

例えば、天秤座が誰からも愛される「調和」であるなら、

蠍座は、私だけしか愛せない「不調和」です。

調和を乱すから、セクシーなのかもしれません。

心に波紋を残して去っていきます。

蠍座の棘は一度刺さると、不動宮のためなかなか抜くことはできません。

無理に抜こうとすればするほど、

小さな棘は中へ入り込み、見えなくなってしまします。

そして時々痛むのです。

蠍座の痛みは、記憶の中に刻まれて、

やがてその人の説得力のような「凄み」に変化していきます。

蠍座の人は饒舌ではありませんが、

その人の一点(マニアックさに触れる)部分に関しては、

身体に響く振動のように、言葉を体感と共に伝えます。


蠍座はとてもマニアックなサインです。

誰にでも、自分だけの「不調和」を持っています。


視界は広くは無いけれど、その世界にどこまでも深く深く沈み、

地べたに手が付いたら、底から天に向かって浮上します。

そこからは射手座の物語になります。

これから紅葉が深く色ついていくように、

自分の中にあるマニアックな部分に没頭するのです。


誰の声も聴く必要もなく、

誰の批判も届かない世界。


もし全身全霊で、そこから何かを生み出すことができれば、

何十年も何百年も、誰の心も離さないものが残されるはずです。



葛飾北斎は蠍座です。

実は誕生日が私と同じなのですが、

北斎は晩年、自分を「画狂人卍」と名乗っていました。

北斎は狂っていたのだと思います。

お風呂にも入らず、着替えもせず、布団を敷いて眠ることもせず、

家には食器もなく、ただひたすらに絵を描く姿は、

傍からみたら、狂人だったことでしょう。

本人もそれを知っていたから「画狂人」と名乗ったのだから。

蠍座はそのマニアックさに狂うのです。

それは愛に関しても同じ。

マニアック過ぎて、相手から気が付いてもらえないかもしれませんが、

そんな事はどうだっていいのです。

その人の持つ、貴方を狂わせるものに、一心不乱に没頭し愛してみる。

それと心も身体も一つになってみる。

蠍座の強さはそこに滅びない力にあります。


スミレ


このはな池 ホームページ

11月よりメニューの一部料金が変更になります。












スポンサーサイト

別窓 | アストロジー | コメント:0 | ∧top | under∨
<<月が昇る音 | このはな池 | 私はどこから来たのか>>
コメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

| このはな池 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。