FC2ブログ

記事一覧

女神という存在


私の守護神についてのお話です。


先日、鞆の浦へ行ったとき、

岬の上にある「淀姫神社」を地図で発見しました。

淀姫は私の守護神です。

私と淀姫の出会いは、10年以上前になります。

神霊家の先生に、そう告げられたのが最初でした。

そう告げられても、よく解らない・・・というのが本音です。

ただそれから、行く先々で、淀姫との出会いがあって、

少しずつ「淀姫」との絆を感じるようになりました。


淀姫は「世止日女」とも「與止日女」とも書きます。

佐賀の嘉瀬川のほとりに、肥前国一之宮「与止日女神社」があり、

この近くには巨石パークがあり、そこの巨石は「世田姫」のご神体とされています。

嘉瀬川はとても好き。

巨石パークでは不思議な体験をしました。

img_1 (9)

ある巨石を写真に撮った時、光が集まってきて七色になりました。

私を知っているみたいだった。

それからしばらくして、私が生まれ育った場所が、

ずっと昔、「勢止」と呼ばれていたことを知って、

「世止」と「勢止」は同じ読み方をすることに気が付く。

今は当たり前のように、淀姫は私の守護神だと思っています。

世止日女は、神功皇后の妹とされていたり、

豊玉姫の妹とされていたりします。

先日、鞆の浦で見つけた淀姫神社は、神功皇后の妹とされていました。

それはどちらにしても、海に漕ぎ出でる神女の妹という点で同じです。

自分の守護神は、自分が生まれ育った土地や歴史に何だかの関係を持っています。

淀姫のエネルギーを自分に降ろして何かをしようとしたことは1度もないけれど、

それはその時が来たらの話。

今回の新月で宮島へお参りに行って、

その後に廻った瀬戸内の島や岬は、一つのコトだけを私に伝えている感じがして、

月末の誕生日を前に、ここである程度準備は整ったかもしれない。

そんな事を感じる今日この頃です。



スミレ







スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

菫

Author:菫
西洋占星術師であり、星の画家です。
バースチャートの鑑定、そのチャートからリーディングした絵を描いてお届けします。
普段の私は紅茶とワインが好きで、歴史小説ばかり読んでいます。
星とは前世からずっと一緒にやってきて、
そこから神の意志を地上へ降ろしていました。
星のこと、精神世界との関わり、神様のこと。、絵のこと。
HPからお問い合わせください。

菫(スミレ)