にほんブログ村 I'm sumire art

Facebookページも宣伝

宗像大社は宇宙

2016-09-11 Sun 01:10

img_0 (10)

宗像大社は宗像族(胸に入れ墨をいれた海人)がお祀りした神です。

朝鮮半島と筑紫(現在の福岡)を結ぶ海人でした。

宗像大社は海を渡る人達が信仰したわけですから、星・・・宇宙の神様のお宮になります。

海の神様は、綿津見三神、住吉三神と、3という数字が付いてきます。

宗像三女神もやはり同じで、そこには海を通り越して「宇宙」が関係しています。


古代、星は「つつ」と呼ばれていたという説があります。

空は大きな幕で包まれてあって、太陽が沈んで闇が訪れた後、

その幕に開いた穴から射す光が、星だったとの言い伝えです。

ちょうど、筒から漏れる宇宙の光・・・そんな感じだったのではないでしょうか。

住吉三神は「表筒」「中筒」「底筒」の三神で、それはそれぞれ星を示していたと。

この三つ星は「オリオン座」の三つ星になり、

オリオン信仰にも繋がります。

太陽が沈んだ後、オリオンの三つ星は東の空から、一つずつ昇って西に沈みます。

夜の航海で、北極星が北を示し、オリオンは東と西を結ぶのです。

オリオン座はスサノオ尊ですから、その神は大陸からやってくる。


宗像大社には高宮祭場(写真)という、古代の斎場があります。

ここに沢山の人がひれ伏し、儀式を行って神を祭っていました。

okinnosima1.jpg

沖津宮はタゴリヒメ命、中津宮はタギリヒメ命、辺津宮はイチシシマヒメ命をお祀りしています。

沖津宮は女人禁制の島であり、この島で見たこと、聞いたこと、知ったことは公言してはいけない、

おいわずさまと呼ばれてきた島です。

関東に住む友人で彼女は巫女の役割を持っているのですが、

彼女はこのお宮に来ると、必ず雨が降り出すと嘆いていました。

それも何かのお告げなんでしょうね。

彼女の生まれた場所は名古屋で、熱田神宮が近い。

私はスサノオ尊がとても好きです。

宗像大社はスサノオ尊の「一面」を感じます。

天満宮もそうですが、スサノオ尊は広大な宙を感じさせてくれる。

この高宮祭場の前に立ち、ダイレクトに宇宙と繋がれたら、

何と私は表現するだろうと思うのです。

宗像大社へお参りに来ると、尽きることない創造を思い出します。

結局、星に携わる仕事をしているのは、

ずっと昔、私が星(宇宙)を信仰していたからもしれない。

星空は古代から変わっていません。

何千年前に見上げていた星空は、いま私達の天上にそのまま広がっているのです。



スミレ


このはな池 ホームページ

スポンサーサイト

別窓 | 聖地 | コメント:0 | ∧top | under∨
<<未来予想図 | このはな池 | 木星 弥栄える>>
コメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

| このはな池 |