にほんブログ村 I'm sumire art

Facebookページも宣伝

太宰府天満宮

2016-09-02 Fri 23:56

13895396_763756973767017_6079203092228503601_n.jpg

福岡県にある太宰府天満宮は、都落ちした菅原道真公をお祀りした神社ですが、

それは朝廷が恐れた「天神様」でもあります。

通りゃんせ 通りゃんせ
ここはどこの 細道じゃ
天神さまの 細道じゃ
ちっと通して 下しゃんせ
御用のないもの 通しゃせぬ
この子の七つの お祝いに
お札を納めに まいります
行きはよいよい 帰りはこわい
こわいながらも
通りゃんせ 通りゃんせ

朝廷が恐れた背景には、後ろめたさがあるからだと思います。

天津神が国津神に対して、恐れを感じるのも、同じ理由があるのかもしれません。


太宰府天満宮は「天神様」の大胆不敵なイメージと、

スサノオ尊の清々しさを重ねて持っています。

14089026_763756867100361_3657953267650173803_n.jpg

境内の中はとても広くて、あちらこちらに「牛」や「鹿」の置物があり、

お参りに来られた方に頭を撫でられて、ピカピカに輝いています。

このお宮に入ったら、四方の空を見上げてほしいです。

空には結界があり、強い力を持つモノがお宮を守っています。

それはいつ行っても同じです。

だから太宰府は潔白なのだと思う。


14064222_763757173766997_4275895412935362914_n.jpg

お伊勢さんのおかげ横丁みたいに、お店が並んでいて、

太宰府の梅の木にちなんだ「香」「食」衣」も買い求められるので、

観光するのも楽しい場所だと思う。

私はよく外国の方に、おみくじの内容について尋ねられます。

このおみくじは吉か凶か?みたいな質問ですね。

吉とついていれば、GOOD!と答えます。

太宰府の神様はたいてのコトはGOODで大丈夫なのだから。



スミレ




スポンサーサイト

別窓 | 聖地 | コメント:0 | ∧top | under∨
<<暗闇と生きる 月と土星 | このはな池 | 新月と日食と魂>>
コメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

| このはな池 |