記事一覧

新月と日食と魂

nissyoku.jpg

私が知るままを書く。

明日は乙女座の新月で、アフリカ中部では金環日食が見られる。

マダカスタルはアフリカの秘島だった。

アフリカの信仰は祖霊を敬うものが柱になるが、

日食は胎児に影響を及ぼすと言われ、見えないものが、見えない世界で宿る。

そして時が満ち目に見える者として生まれてくるのだ。

それがアフリカで起こるのであれば、祖霊との縁が深いものとなる。

新月は乙女座の10度のサビアンは「2つに頭が自分たちの影とその向こうを見る」だ。

情念の呪縛と、真の自由の獲得を意味する度数だが、連想する言葉が一つある。

「禁忌」

タブーだ。

そこに入ってはいけない。

それを知ってはいけない。

それを見てはいけない。

それ(タブー)を破れば、無傷ではいられないであろう。

そんな言い伝えは日常に転がっている。

この乙女座の10度で新月が起こり、この日にアフリカで日食が見られるのならば、

その「タブー」を侵さなくてはいけない時が来たということ。

それを知らなければ(知らないふりをすれば)、それなりに心に平和を保て、

自分を守るために、通る道をあらかじめ決めて、目的地もある程度定められたが、

その道を外れて、どこかへ行かねばならないのだ。

眠りから目覚める。

祖霊・・・原始の母がそれを産むのだ。

「2つの頭が自分たちの影とその向こうを見る」

情念の「掟」に縛られていた自分から、もう一人ここで出産し、

(自分で自分をもう一人産みだし)

その者と並んで、タブーとその先を見る。

そんな恐ろしいコトを、私は好きでしたいとは思わない。

だけどそれは意識しなくても、無意識レベルで起こる。

明日は「宿す」

そして臨月がきたら、産み落とす。

2017年2月11日の満月は月食。

孕んだものは、その時に生まれる。











スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

菫

Author:菫
西洋占星術師であり、星の画家です。
バースチャートの鑑定、そのチャートからリーディングした絵を描いてお届けします。
普段の私は紅茶とワインが好きで、歴史小説ばかり読んでいます。
星とは前世からずっと一緒にやってきて、
そこから神の意志を地上へ降ろしていました。
星のこと、精神世界との関わり、神様のこと。、絵のこと。
HPからお問い合わせください。

菫(スミレ)