記事一覧

リリス 幻にさよなら

久しぶりの日記の更新です。
4月は初旬にとても心揺さぶられることがあって、その後もずっと揺れていました。
それは一度諦めたことが舞い戻ってきて、その時の願いを叶えてくれるそんな感覚でした。
だけどそれは実態の無い夢のような、ホロスコープで例えるならリリスのようなもの。
リリスは月の遠地点。
楕円を描く月の軌道上における地球から最も離れた点=月の遠地点(リリス)です。

リリスは実態を持たない遥かなイメージの中に存在しています。
それは捕まえきれなかったからこそ、消えてなくならない夢です。
もし掴んでしまえばきっとその価値はいつしか消えて、日々忘れ行くだけの記憶の海へと沈むだけ。
リリスのように、叶わないから残っていくものもあるのだと思いました。
リリスに足を掴まれる感覚の中に5月の初旬までいて、徐々に上昇しています。
現実的な物事の進みは遅れ、結実の訪れは遠のいていく・・・。
だけどその時に私が溺れていた水は、普通では潤せない場所にイメージを与えてくれました。
それを言葉で説明するのは難しいのですが、
欲望を幻想で満たすような感じかもしれません。

時間の流れの外にあって、浦島太郎のようにリリスの水にずっと浸っている訳にはいかず、
玉手箱を持って戻って来なくてはいけません、
この箱の中には、「何も無い」という「恐怖」が入っています。
その箱を開けて、幻にさよならを言うのです。


スミレ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

菫

Author:菫
西洋占星術師であり、星の画家です。
バースチャートの鑑定、そのチャートからリーディングした絵を描いてお届けします。
普段の私は紅茶とワインが好きで、歴史小説ばかり読んでいます。
星とは前世からずっと一緒にやってきて、
そこから神の意志を地上へ降ろしていました。
星のこと、精神世界との関わり、神様のこと。、絵のこと。
HPからお問い合わせください。

菫(スミレ)