記事一覧

六根清浄の祓詞


あまてらします すめおおかみのたまは
(天照大神の宣く)
ひとはすなはちあめがしたのみたまものなり
(人はすなわち天が下の神物なり)
すべからくしづめしづまることをつかさどるべし
(すべからく静め静まることを掌るべし)
こころはすなわちかみとかみのもとのあるじたり
(心は則ち神明のもとのあるじたり)
わがたましひいをいたむることなかれ
(わが心神を傷ましむることなかれ)
.
このゆえに眼に諸々の不浄を見て 心に諸々の不浄を見ざれ
.
春分の日、宇佐神宮からのエネルギーワークで、

肩に力が入ってリラックスできない方は、この祝詞を読んで深呼吸してみてください♡



耳に諸々の不浄を聞きて 心に諸々の不浄を聞かざれ
.
鼻に諸々の不浄を嗅いて 心に諸々の不浄を嗅ざれ
.
口に諸々の不浄を言ふて 心に諸々の不浄を言はざれ
.
身に諸々の不浄を触りて 心に諸々の不浄を触れざれ
.
意(こころ)に諸々の不浄を思ひて 心に諸々の不浄を思想ざれ
.
このとききよくいさぎよきことあり
(この時に清く潔きことあり)
もろもろののりはかげとかたちのごとし
(諸々の法は影と像のごとし)
きよくいさぎよきものはかりにもけがるることなし
(清く淨ければ仮にも穢るること無し)
ことをとらばうべからず
(説を取らば得べからず)
みなはなよりはこのみとはなる  
(皆花よりぞ木の実とは生る)
.
わが身はすなわち六根清浄なり
.
六根清浄なるがゆえに 
.
ごぞうしんくんあんねいなり
(五臓の神君安寧 なり)

ごぞうのしんくんあんねいなるがゆえに
(五臓の神君安寧なるがゆえに) 
.
天地の神と同根なり
.
天地の神と同根なるがゆえに 万物の霊と同体なり
.
万物の霊と同体なるがゆえに 
.
成すところの願いとして 成就せずということ無し
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

菫

Author:菫
西洋占星術師であり、星の画家です。
バースチャートの鑑定、そのチャートからリーディングした絵を描いてお届けします。
普段の私は紅茶とワインが好きで、歴史小説ばかり読んでいます。
星とは前世からずっと一緒にやってきて、
そこから神の意志を地上へ降ろしていました。
星のこと、精神世界との関わり、神様のこと。、絵のこと。
HPからお問い合わせください。

菫(スミレ)