FC2ブログ

記事一覧

アンテナの周波数

12745912_670605433082172_7908736464572974077_n (2)

今年は新月と満月のチャネリング・アートを描いています。

月は地球(私)から一番近い場所にあって、

満月になる時、新月になる時に、パッとイメージを受け取って、

それを3次元に現す・・・・絵にするという作業です。

(写真の絵は、先月の水瓶座の新月)


実は月には様々な人のアンテナが備え付けられています。

古今東西、月に願う人が多いため、月は使われているアンテナや、もう持ち主がいないアンテナでいっぱいです。

だから月は全く違う誰かのアンテナと周波数が合うと、そこから情報やイメージを拾ってきます。

月が想念体であると言う人もいますが、ある意味そうだと思うのです。

満月や新月はその備え付けられたアンテナがフル回転します。

月に向かう想念が多いからです。

人はなんとなく行っている儀式的なものの力をもっと意識するべきです。

私は関わりのない事、私の魂の霊系に関係ない封印やそれに関わる儀式には触れないことにしています。

古代、誰かが封印したものがあるのなら、その封印した人に繋がる(同じ霊系の人)が、

それを解くべきだと感じます。カルマという言葉はそういうことだと思うのです。

宇宙が次元を上げるのなら、その役割を持つひとが次元をあげ、

また誰かがその反動を吸収なくてはいけないとも感じます。

言葉にするのが難しいのですが、ゲートをむやみに開けるのは私は危険だと思います。

川も山も空も大地も、安定させるために無名で誰知ることなく働いている人たちが思っているより沢山います。

話はまた別ですが、高速を通すとか、新幹線を通すたびに、山にトンネルを掘るので水の道が変わります。

水の道とは、大地の血管やリンパ線と同じですから、

どこかが壊死したりする可能性が出てきます。

突然、その地に関わりのある家の長男さんが亡くなる悲劇も起こります。

人と大地との絆はかなり深いものがあるのです。


月のアンテナは人に予感のような予言を発信します。

もしその事を知っていた尊い人が、後に生きる私たちの為に残したアンテナがあるとしたら・・・。

月に祈るとは、そのアンテナに周波数を合わせることだと感じるのです。




スミレ




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

菫

Author:菫
西洋占星術師であり、星の画家です。
バースチャートの鑑定、そのチャートからリーディングした絵を描いてお届けします。
普段の私は紅茶とワインが好きで、歴史小説ばかり読んでいます。
星とは前世からずっと一緒にやってきて、
そこから神の意志を地上へ降ろしていました。
星のこと、精神世界との関わり、神様のこと。、絵のこと。
HPからお問い合わせください。

菫(スミレ)