記事一覧

手足のない女神像

八幡宮と女神について

宇佐八幡宮は、一之御殿、二之御殿、三之御殿と横に並び、
八幡大神、比売大神、神功皇后をお祀りしてあります。

八幡宮は戦いの神として信仰を集めていて、福岡の箱崎八幡宮は元寇が攻めてきた時に、どこからか30名ほどの白装束を着た集団が現れ矢を放ち、戦いを制したと記録されています。
私はいろいろな神社へお参りに行きましたが、
「敵国降伏」と掲げられた神社は箱崎八幡宮の他に知りません。
八幡宮は古い呪術的な力を持った神様をお祀りしている神社だと感じます。
どんなに強い神様かと思いますが、二之御殿(真ん中)にお祀りされてあるのは比売大神(宗像三女神)です。
八幡宮と女神の繋がりは、占星術で例えると、
太陽=ダイアーナル(顕わな部分)を、
月=ノクターナル(見せかけること)が守っているように感じるのです。日本神話はこの太陽を隠すというキーワードが散りばめられています。

石清水八幡宮に納められている女神像は手や膝などの前部分は
切り落とされています。何か役目を終えた後、その力を封印するために切り落とされたのですが、この手足がない女神像はとても美しく、そして強いのです。
八幡宮と女神の繋がりを色濃く印象つけています。



石清水八幡宮女神像
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

菫

Author:菫
西洋占星術師であり、星の画家です。
バースチャートの鑑定、そのチャートからリーディングした絵を描いてお届けします。
普段の私は紅茶とワインが好きで、歴史小説ばかり読んでいます。
星とは前世からずっと一緒にやってきて、
そこから神の意志を地上へ降ろしていました。
星のこと、精神世界との関わり、神様のこと。、絵のこと。
HPからお問い合わせください。

菫(スミレ)