にほんブログ村 I'm sumire art

Facebookページも宣伝

火星の入り口

2016-02-08 Mon 23:15

12651380_664411220368260_8486940801024242939_n.jpg

男性との出会いについて、この前の松村先生の講座で、なるほどと思うお話を聞いてきました。

女性の火星は、男性にとっては接したとき(話しかけた時のあたりのような)、

そんな反応の入口だというお話です。

女性のチャートの金星は、本人を表すもので、男性との出会いは火星で見るとのこと。

私の経験で合点が行く点は、私の火星は天秤座で風のサインです。

入口は天秤座的な洗練された、おしゃれなカフェ風なんだけれど、

入ってみると、そこは地下室で棺桶が並んでいた(蠍座の世界)かもしれないなあと。

ふふふ・・・・・。 一度入ると長い。出たいけれど出られない感じ。

気の毒だから誰も入れないことにした。


もしチャートの中の火星が他の重大な天体・・・例えば太陽とか月とかと、

ハードなアスペクトをとっていたり、

私のように火星の入り口と、中身が真逆だったりする場合、

自分に足りない要素を補うサインを見つけて、

そのサインの火星的な行動を実際に真似てみたり、

私が思いついたのは、音楽とか色とかで取り入れてみたりすると良いのではないかと思いました。


入口が天秤座の洗練されたおしゃれなカフェで、

松村先生曰く、船底にギシギシに人が詰め込まれていて、

そこの権力の頂点に「牢名主」のように立っているのが私らしいのですが、

そこに入ってしまう人がいたとしたら、その人はマニアですね。

そんな場所の面倒はみたくないけれど、(牢名主とかエレガントじゃないしさ(・・;))

だけどこれを私が避けると、私が船底にギシギシに詰め込まれる体験をするのであろうか。

天体は自分がそこを避けて通ると、結局回り回ってそのまんま経験として帰ってくる。

これは本当です。火星期にイヤってほど体験させて頂きました。


火星のフットワークが軽いと、異性との関わりも多くなるし、

それは異性だけはなく、人との出会い全般に言えることなのかもしれません。


それからここからは独り言です。

シャープが台湾の企業との合併の話が上がっていますが、

シャープは液晶開発に拘りすぎて傾いた感じがあって、

その傾くくらい身を費やした部門の技術を海外へ持っていかれて、

抜かれるのかと思うと、

人間って、何一つオリジナルとか存在していなくて、

それは全て幻想で、特許とかあるけれど、

結局は時代に置いていかなくてはいけないのだなと思いました。

時代に置いて、次またどこかで、誰かが考え出して発展させていく世界が生まれて、

それもまた、いつかそこへ置いていかなくてはいけない。

手のひらから水が零れるように、つかみ取れるものは、

その時の達成感とか挫折とか喜びとかだけです。

見えない「心」だけです。



スミレ










スポンサーサイト

別窓 | アストロジー | コメント:0 | ∧top | under∨
<<ヒースの丘 | このはな池 | 切り離された火星>>
コメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

| このはな池 |