記事一覧

追い込む冥王星

blog_import_55c600665e77b.jpeg

先日、占星術の講座を受けに行ったのですが、

その時にチラッとプーチン氏の名前が出てきました。

それは権力者としてなのですが、家に戻って改めてプーチン氏のホロスコープを出してみました。


アセンダントが蠍座で、太陽をはじめ4天体が12ハウスにあり、

元KGBのエージェントだった経歴をリアルに感じるホロスコープです。

太陽が12ハウスで水星も12ハウス、そして水星は海王星と合ですが、

自分の姿を現さずに、見えないところで何かを動かし、しかもオフレコ。

現在の総理大臣の安倍さんも、水星と海王星は合ですが、

このお二人は馬が合うとの報道があります。

プーチン氏のチャートで、それではどこであの支配力を維持しているのかと星を読んでみると、

アセンダントが蠍座で、その支配星(チャートルーラー)の冥王星が、

獅子座のMCと合という、ここであの感じ(顔色変えずに即断即決のイメージ)が出ているのではないかと思う。

良い悪いの判断ではなく、政治という表舞台に立っているのは冥王星だと言うことです。

この方は獅子座の冥王星ですから、独善的であり、独裁的。

現在進行している冥王星は山羊座にあり、プーチン氏の太陽をはじめとする4天体と90度を作っていく状態。

もともと、出生図で12ハウスの天体は天王星と90度を作っていますから、

ここにさらに冥王星のロックがかかっている感じです。

冥王星はじっくり、ゆっくり、進みながらじわじわと効いてきますが、

9月に木星が天秤座に入ると、12ハウスの天体は拡大というより、

拡散していくのではないかと感じます。

それは木星では冥王星と天王星には太刀打ちできないからです。


私は実はロシアの文化が大好き。ロシアの美意識には無条件に引き込まれて戻ってこれない力があります。

ロシアはヨーロッパにはない魅力があり、西洋という一括りにできない立ち位置。

北の海はロシアの海と繋がっています。

私は九州ですから、大陸と言えば中国や朝鮮半島で、玄界灘がそこにある荒ぶる海。

日本と言う国は島国で統一されていますが、吹いてくる風は四方八方からであり、

それが八百万神の国の根底にあるのかもしれません。

ロシアは遠い国ではなく、モスクワが離れているだけ。

安倍さんとプーチン氏の関係も興味深いものがあり、

今年はロシアは一つの重要なキーワードです。





プーチン氏のチャート
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

菫

Author:菫
西洋占星術師であり、星の画家です。
バースチャートの鑑定、そのチャートからリーディングした絵を描いてお届けします。
普段の私は紅茶とワインが好きで、歴史小説ばかり読んでいます。
星とは前世からずっと一緒にやってきて、
そこから神の意志を地上へ降ろしていました。
星のこと、精神世界との関わり、神様のこと。、絵のこと。
HPからお問い合わせください。

菫(スミレ)