にほんブログ村 I'm sumire art

Facebookページも宣伝

2016年 天王星と冥王星から次のステージへ

2015-12-24 Thu 00:40

blog_import_55c602d695555.jpeg

冥王星が山羊座に移動したのは2008年の2月、来年2016年と同じうるう年の2月でした。
続いて天王星が牡羊座に移動したのは2010年の6月。
そして海王星が魚座に移動したのは2011年の4月です。
現在の見えないけれど途切れることのない磁力が揃ったのは、2011年の春です。

これらの太陽から遠い惑星は、ひとつの時代を少しずつ築いては、試して、そして崩して、また築いていきます。
2015年は2013年の終わり頃から始まった、天王星と冥王星の振り子の中にありました。
この振り子は2016年の春まで続いていきます。
牡羊座の天王星は、初めてチャレンジする事が世の中に旋風を起こすような、
どこから沸いて出た?という源から突然現実化させてしまうエネルギーです。
コツコツ努力して、地道に叩き上げて・・・とは全く違う次元のパワー。
この天王星は、この時代の中に「今」という空気感を瞬間的に突風に変化させて吹き抜けていきます。

それは大震災後のこの国の、これまでと同じではいられない、ここから動かなくてはいけないという否応なしの変化と重なって、
現在もそれは続いています。
その「新しい風」を山羊座の冥王星は待っていたかのように、試し始めました。
山羊座の冥王星は結果重視です。
何を始めるにしても、失敗しても、後悔しても、何が何でもゴールに到達しなくてはいけないという強い磁力。
自分の中に芽生えた「新しい風」はすぐに結果を出さなくてはいけない絶対的意志との間で、
振り子のように揺れ動いて、鍛えられてきました。
それはもう残された時間は僅かだ・・・という、時間に対してのプレッシャーになっていきます。
だけど、人間は「理想」というものがある。
新しい風も、結果重視の絶対意志も、理想を無視できません。
2016年の春まで、天王星と冥王星の振り子の中で、理想そのものに自分の実力がどれくらい近づけたか、その最終を迎えます。


私のことですが、ずっと専業主婦で外へ向かうことが無かった生活が2010年の12月に突然離婚することになり180度転換。
2011年の春から外で働き始めました。面接の日、職場の控室のテレビには大震災の映像が流れていたことを覚えています。
それからシングルマザーとして働きながら、これまでとは違った視点で世の中を見るようになり、
占星術の仕事も、結婚している時とは違うハイペースで取り組むようになりました。
とにかく動いていないとダメになるような、じっとしていたら置いていかれるような気がしてならない4年間だったと思います。
私(蠍座)はとくに海王星が水瓶座から魚座に移動した事が、「本当の私」を取り戻す力になったと思います。
水瓶座の海王星時代に得た「形」は、水瓶座から海王星が抜けるまでにほぼ失いました。
「形」を失うことは、蠍座と水瓶座の宿命のようなものです。

2016年は天王星と冥王星から、少しずつ海王星にシフトチェンジしていきます。

魚座の海王星は、牡羊座の天王星と山羊座の冥王星時代の、魂の救済です。
その余りに問答無用な流れの中で、そこに傷ついて動けなくなってしまった人達へ向かいます。
それは夢や希望といった、「不安」を生み出すものでもあるのです。
夢と希望は、絶望と失望と根本的には同じだから。
それは一つのサイクルのどの時点であるかの違いです。

人は絶望したあと生きるために本能的に希望を求めます。そして夢を見て、それを切望し、また絶望します。
言葉にすると身も蓋もありませんが、希望と絶望はお隣同士です。
魚座の海王星にはサイキック的な魔力があり、その形のないものをリアルに表現できる力を持っています。

魚座の海王星は春くらいから乙女座にある木星と向き合い出します。
魚座の海王星が発信するイメージを、乙女座の木星が形にしていくのです。
5月の終わりまで、海王星は木星で結果を出そうとします。180度という角度はそういう位置関係だからです。
労りや奉仕、そこに真実の同情が伴うのです。
魚座の海王星と、乙女座の木星が何を残すか、その結果にこの時期はとても重要だと思います。
仕事の面でも、今まで振り返らず天王星と冥王星に引っ張られてきた人たちも、
ここでチームを組むことを始める可能性もあります。
政治的にもこれまで強引にでも結果を残せるリーダー像に、周りがついていかなくなる可能性もあります。
海王星は違う落としどころで、天王星と冥王星の目指すものに影響力を発揮していくのです。


つづく



スミレ

スポンサーサイト

別窓 | アストロジー | コメント:0 | ∧top | under∨
<<金星 | このはな池 | 水星>>
コメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

| このはな池 |