にほんブログ村 I'm sumire art

Facebookページも宣伝

静寂と心の安定

2015-12-11 Fri 23:55

blog_import_55c603b277467.jpeg

心が勝手に波立ってしまう時や、

言わなくても良いことを言ったりすると、2~3日後に私は喉が腫れます。

風邪みたいになるんですけどね。

その後、ああやっぱり悔しかったり、自分の気持ちを吐き出してみたかったとしても、

言わなくても良いことを言ってしまったんだな・・・と思うのです。

普通の乱れは、謙虚さを思い出せば、だんだん納まっていきます。

生かされた命であることを思い出すから、感謝の心がついてくる。

これを繰り返すのですが、

それでも何かがうごめく時は、心に命じるのです。



心に潜む悪よ出て行くがよい


すでに我は神と共にあり


善と共にあり


清らかと共にある


そなたが住むべきところは


ない



この言葉はある神霊家の先生がおっしゃった言葉なのですが、

私は自分を納められない時、深呼吸をしたあと、この言葉を静かに口にします。


それからもし、自分のホロスコープを持っている方は、

ICの位置を確認してみて下さい。

そのICのサビアンシンボルを見て、そこに書いてあることを中心に、自分を満たしてあげるのも大切です。

地面に足がついていないような、そんな不安でイライラする時、

ICを盤石にすると良いです。

そこは思いっきり、後ろめたさゼロで自分に与えてあげる。

ICが確実でない場合は、月と金星でも良いです。


西洋占星術でその状況を捉えると、

自分の火星に合わないことを強制されると、本能的に怒ります。

火星をよく乗り物に例えるのですが、スポーツカーなのに、貨車を引くことになったら、

エンジンは爆発してしまうかもしれないと同じです。

だからそれは違う方法を考える方が理知的だと思います。


そして最後に、丁寧に動くとチャンネルが変わる時があって、

御茶碗一つ片づけるのに、丁寧さを心がけるの。

身の回りの物を、大切に取り扱うと、空気感が変わります。




なんどもなんども繰り返し、私たちは成長を促されて進んでいきます。

そしてやっと少し成長できた気になった時、

天からのテストが行われます。

その繰り返し。

拘ることを手放すとき、やっと解放されて全てをありのままに諦められる。



ただ、心が何と共にあるのかを選択できるのは私自身なのです。




スミレ







スポンサーサイト

別窓 | スピリチュアル | コメント:0 | ∧top | under∨
<<色は波動 | このはな池 | 新月>>
コメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

| このはな池 |