にほんブログ村 I'm sumire art

Facebookページも宣伝

スポンサーサイト

-------- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

天空の舟

2015-12-09 Wed 23:26

11940372_607496562726393_600723973_n.jpg

福岡県の八女市にある星野村。

写真は麻生池という天然の池の中にある弁財天です。

このはな池は、麻生池からきた名前。

弁財天は池の真ん中にお祀りされているのが本当なの。

イメージ的には六芒星。

このお宮は屋根の部分が大きな、一見バランスの悪い構造になっているけれど、

強い台風が来ても、大雨が降っても、壊れることがない。

なぜなら、本物だからです。

見えない御柱が立っているから。

一年に数回、ここにお参りに必ず行きます。私の中の御柱を立て直すためにです。


11896945_607495492726500_854691465_n.jpg

夏にくると、天然記念物に指定されている黄色の小さな蓮が咲いています。

春にはオタマジャクシが泳いでいます。

私は自分のことを「池」だと思うのです。

海でも、湖でも、川でもなくて、池。

池は海に繋がっていて、この池は龍の通り道。

池のほとりに食事ができるお店もありますから、ゆっくりできる素敵な場所です。

12310715_643691322440250_6774063489695162966_n.jpg


写真の真ん中に写っている山から突き出している岩は、

「船着き岩」と呼ばれています。

この標高の高い星野村の山の上に、船が着いていたという伝説が残っていて、

この岩を見るたびに、ここに着いていた船は天空の舟だと思うのです。

それと同時に、ここは大昔は海の底だったとも感じる。

星野村にある「室山熊野神社」は、この船着き岩の近くにある神社です。


11910852_607508199391896_1942844334_n.jpg


途中まで車で登って、それから徒歩で階段を上がっていきます。

不思議なことに、山の上に登っていくんだけど、海の底にいるような感覚になる。

ユラユラと魚のように、見たことがない虫が泳いでいくの。

室って産道とか子宮のような場所を示す漢字だから、

こんな風に岩をくぐって御宮へ行くのは、ある意味竜宮城へ行くようなものかもしれない。

時間がどこかでうずくまって、その流れの外に居る。

水の中の時間みたいに。

blog_import_55c605935398d.jpeg

星野村には他にも沢山素晴らしい場所があるんですが、

星の文化会館という、大きな天体望遠鏡がある宿泊施設があって、

夜になると、プラネタリウムと天体観測ができます。

屋根が開いて、そこから星を見ることができる。

星の文化会館で、占星術のセミナーやお茶会をいつかできたら素敵だろうな。。。。

標高が高いので星空はすぐそこに見えます。


星の文化会館

福岡へ来られることがあったら、ぜひ星野村へ行かれて下さい♡



スミレ


スポンサーサイト

別窓 | 聖地 | コメント:0 | ∧top | under∨
<<新月 | このはな池 | 過去へ戻る>>
コメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

| このはな池 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。