にほんブログ村 I'm sumire art

Facebookページも宣伝

スポンサーサイト

-------- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

施餓鬼供養

2015-11-26 Thu 00:08

10818755_486497258159658_1632824201_n.jpg

20代の半ば、

妹が一枚の仏像の写真とコピーされた一枚のお経を持って帰ってきました。

占いに行って、先祖供養を勧められたらしいのですが、

よく覚えていないけれど、その仏像の写真は如意観音だったと思います。

その占いは四柱推命で、妹の生年月日と名前で、

近親者に自死で亡くなった人がいることが分かったようです。秘密なのに何故分かったのか凄いなあと思う。

結局、そのお経は私が預かって、時々私があげていました。


そのお経は招請発願というお経で、

不成佛霊が成佛しやすいお経だということでした。

先日、東京でワークショップを一緒に行った、ヒーラーであり神霊家のシェリーさんがされた、

ご先祖様の供養についてのお話を聞いていて、

私は先祖供養をライフワークのようにやり続けなくてはいけないと思ったのです。

考えてみると、無念の死と私は深い縁で結ばれていると感じます。

それはそういう運命だから。

20代の頃から心に一貫してある思いは、

もし私が死んで地獄という場所に行ったら、

そしてもしそこに私の愛する人が居て苦しんでいたら、

私はカッとなって閻魔大王の首根っこ掴んで、お前を絶対許さないと、

気持ちでは一歩も引かず、面と向かって言うだろうと思うのです。

閻魔大王が悪いわけではないと分かっているのですが、

私は絶対怒ると思います。

だから怒らないでいいように、供養をするべきなんです。


死んだ事を責める気持ちは全くないけれど、

迷いの中で亡くなってしまうと、

亡くなってからも迷います。

私の友人が亡くなったとき、彼女は私の左目の視界を溶かして会いにきました。

仕事中だったのですが、左目の視界が突然溶けていった時は何事かと思いました。

私の視界に映る世界は、彼女が見えているものと同じだったのだと思います。

それからしばらく(2年くらい)、私は彼女を離さなかったので、

彼女の心情と共に生活をしました。

もうこれからは供養の段階に入ったと感じます。

自分で行く場所が分かればいいのですが、迷って亡くなるとどうしても迷いの中なのです。

近親者は家の闇を抱えて亡くなったので、

闇の中にいるのかもしれません。


なぜお経なのかは、あの時妹が言われて持って帰ってきたのがお経だから・・・

それ以上に深い意味はないのですが、

招請発願のお経の意味は好きです。


私達は清らかな心で毎日暮らしています。きちんとした物を着て、

食事も満足に戴いています。

何も心配することはありません。

いろいろと苦しいことや、悲しいことが貴方にもあったと思いますが、

早く天上界へ行って、優しい神や佛のお話をよく聞いて、またこの世に生まれてくる時は、

戦争や悲しみや苦しみのない世界に生まれてきて下さい。

そのために私達は少しでも良い行いをしていく覚悟です。

貴方達が神・佛になられているのなら、私の良い心をもって暮らそうという心を変わりなくお守りください。


この他に伝えたいことは無いなと思います。

般若心経と観音経もあげます。

好きだからです。


仏教の事は詳しく分からないけれど、与えられたものが最善であると思う故に、

このコピーされたお経をずっと持って供養をしていくと思います。





スミレ






スポンサーサイト

別窓 | 森羅万象と命 | コメント:0 | ∧top | under∨
<<女神が微笑む男性 | このはな池 | 月と太陽>>
コメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

| このはな池 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。