にほんブログ村 I'm sumire art

Facebookページも宣伝

タロットで過去生

2015-11-22 Sun 22:48


12274404_638028869673162_8427568874310737657_n.jpg

東京へ行った時、帰りの飛行機に乗る間際まで占い師のRieNaちゃんに来年一年をタロットカードで見てもらっていました。

RieNaちゃんは以前、私の前世をタロットで見てもらったことがあるのですが、

ソードの2を引き当てた凄腕さんです。

なぜソードの2で私がそう感じたのかは、私が過去生を隠していると自分で感じていたから。

ここからはその時の鑑定内容

過去生でどのように生涯を終えたか…
というところにワンド8。
突発的に死が訪れた可能性が高い配置です。
産まれた時の状況が、ソード2ですので、
待ちに待った子供!というより、
どこか無感情で、産まれたことさえ隠されていた可能性があるのです。
盲目であった可能性があります。
若いうちは、自由も少なく

あまり日の目を見ない生活をされていたかもしれません。
ですが、過去生で、その存在が、
知られてしまうことから、事態は急展開します。
何かの犠牲になった可能性があるでしょう。

過去生は、概ねこんな感じなのですが、
今世のテーマにワンド10(重圧)が展開されており、
いくつかのカルマを持ち越したことになります。
勝利と前進のワンド6も、
今世のテーマとして掲げられていますので、
持ち越したカルマに向かっていくことが、
今世の大きなテーマのひとつとなります。

過去生で出生がソード2でしたが、
このカードでは、目隠しをされた女性が
描かれており、
盲目だったかもしれないと判断したのはそのためです。
今世のテーマに月の逆位置があり、
見えなかったものが見えてくること、
見通しが、徐々に明るくなることを示します。
(ここも、過去生盲目だった可能性を示唆しています)

影の部分にフォーカスすることにより、
持ち越したカルマを浄化していくことが出来ます。
ワンド6は凱旋するカードでもあるので、
スミレさんの凱旋を見守る仲間も
今世にはいるのです。
ワンド10は重圧ですが、棒も10本あれば、
それだけ多くのものを支えていくことが出来ます。

過去生から継承された眼があれば、
3次元の視点では見れないものさえ
見ることが出来て、
多すぎると思ったカルマは、
何かを支える柱に変容する…
このあたりに魂のテーマを掲げていると思われます。

過去生
ソード2
戦車 逆位置
ペンタクル3 逆位置
力 逆位置
太陽
世界 逆位置
ワンド8
今世のテーマ
ワンド6
月 逆位置
ワンド10


t02200377_0350060013257929805.jpg


私は時々、母は修道女だったのに妊娠をして産まれたきた子供が自分ではないかと思う時があります。

初めて告白するんですけど。

まあいろいろあったのだと思う。

ワンドの10は重過ぎるカルマだと考えるより、支えてくれる棒だと言うRieNaちゃんの解釈は素晴らしい。


私の妹はこの鑑定内容に凄く感心していました。

それで妹もお願いして過去生をタロットで鑑定してもらったのですが、

これが私とは全く違う人生で、何だか温かみがあって妹らしくて、

だから姉妹でもこんな感じで違うのかもと思ったのです。


過去生を見てもらうことは、薄々感じていたことが、ここにあるのか・・・という感覚で、

もう未来を見つめて生きていくしかないと良い意味で開き直ることができます。


私の修道女から生まれた子供が自分ではないか説は、

今生でこの年になっても、母と父と一緒に暮らしていたいと思う自分に「良かったね」と言ってあげたい気持ちになります。

大切なものはすでに此処にある。


RieNaちゃんのタロットでは、来年もまた悩んでいる私なのですが、

いつもより気楽に悩んでいけそうです♡

RieNaちゃんのサイト(フェイスブックのページ)です。興味がある方はお問い合わせ下さいね♡

私の方に言って頂いても橋渡しします☆


星詠ミ哲学-Astrological Intuition- by RieNa

それではよい連休をお過ごしくださいませ。


スミレ















































































































































































スポンサーサイト

別窓 | スピリチュアル | コメント:0 | ∧top | under∨
<<人の弱さを思い知ること | このはな池 | 母になること、母にならぬこと>>
コメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

| このはな池 |