にほんブログ村 I'm sumire art

Facebookページも宣伝

スポンサーサイト

-------- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

蠍座の土星を振り返る

2015-09-18 Fri 23:49

蠍座から土星が今朝抜けました。

私は蠍座に6天体があり、ここ3年くらい「土星と私」というテーマを生きた感覚です。

土星が蠍座に入って起きたこと。

入る直前に、生まれて初めて事故をしました。

神社へお参りした帰りです。

その神社は安産の神様でもあって、

絵馬には赤ちゃんが授かりますように・・・・、

産まれた子が無事に成長しますように・・・・と、

そんな願いが沢山書かれています。

それは神様と人・・・・と言うより、

人が人と出会い、結ばれて、また人が産まれる。

人でなければ、人にしか出来ないことが、

この世を繋げているんだと、

胸が熱くなってしまい、少し泣けてしまいました。

私はもう赤ちゃんは産めないけれど、

そんな繋がりを私に出来る事でお手伝いできたらな・・・と願いました。

本心でそう願いました。


帰り道、初めて一人で車でお参りに行ったので、

道を確かめながら運転をしていたら、

私が脇見をした時に、走行中に前の前の車がブレーキを踏んで、

前の車もブレーキを踏んで、

ハッと気付いて私もブレーキを踏んだんですが、

止まれなくて衝突してしまいました。

身体とかは大丈夫だったんですが、

私が衝突した車には、

チャイルドシートに赤ちゃん。

3才くらいの女の子。

年配の女性のドライバー。

助手席にお子さんのお母さんが乗っていて、

何とそのお母さんは妊娠4カ月でした。


お前に何が出来るのか?

その覚悟はあるのか?

その資格はあるのか?


神様がいるとして(いるんですけど)

私にとっては甘くはなく、いつも辛口で、

願うと、

さあ、やってみろ。

上っ面じゃない、その真中を突き付けられて、

いつも心が折れます。

それも人様を巻き込んでです。


相手の方は、

当日さっそく病院へ行かれて検査をされ、

当面差し迫った危険はないとの事で安心しましたが、

もし、後でお腹の中の赤ちゃんに何かあったら、

私はどうしようかと・・・・

どうする?

祈るしかできない。


運転されていた方と、妊娠されていた女性のお宅に謝りに行きました。

病院へ検査には通われているので、

心配していましたが、笑顔を見せて下さって、

ほんの少し安心しました。

でも小さなお子さん2人抱えて、

通わなくても良かった、通院をさせてしまうことになった事に、

本当に申し訳なくて、

この時の私の一番の願いは、

この方が元気な赤ちゃんを夏頃お産みになることでした。

そしてその願いは叶いましたが、

土星の予感はここから始まったように思います。












スポンサーサイト

別窓 | アストロジー | コメント:0 | ∧top | under∨
<<秋分の日 | このはな池 | 乙女座の新月☆部分日食>>
コメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

| このはな池 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。