にほんブログ村 I'm sumire art

Facebookページも宣伝

タイトルなし

2015-07-05 Sun 16:24


.



昨日に引き続き、高村智恵子のチャートです。

出生時間は不明。ですが、おろらく月は射手座にあると思います。


私は絵を描きますが、色で迷ったり、どう組み合わせて良いのか迷ったら、

この方の切り絵画集を開きます。

智恵子さんの色彩感覚は素晴らしいです。

そして色と色の割合と、空間の使い方も・・・・

私はいつも智恵子さんの本を、机の上に置いていつも見ています。





智恵子さんの太陽は牡牛座の28度

そこ両脇に、海王星と冥王星があるのが印象的です。

この3天体はコンジャクションしています。

太陽は海王星と冥王星に挟まれて、時空をワープしている感覚・・・・。

海王星も冥王星も速度が遅いため、

12天体を一周するのに、海王星は180年くらいかかり、

冥王星は250年くらいかかります。

天体が人体や資質や才能、感情を表すのならば、

海王星や冥王星は、もはや人の形態を保っていません。

智恵子さんの太陽は、この遠い天体へ両方から押し流されていく感じです。

チャートを出してすぐに、この天体の配置をみて、

私が深いため息をついたものだから、

傍にいた娘に、どうしたの?と聞かれてしまいました。

私がなぜ、ため息をついたのか・・・・

それは日常の普通の感覚、感情、感触で、今生の私を実現するのに、

これはなかなか大変だと感じたからです。


冥王星と木星のアスペクトは、その方の印象を豪華にします。

本人の意志とは関係なく、上から見下ろすような感じ。

智恵子さんが勝気な印象だったとおっしゃる方がいらっしゃるのは、

この第一印象によるものだと思います。

そして乙女座の火星はドラゴンヘッドとコンジャクション。

天体とはノーアスペクトです。

これは!と思ったものには、一途に献身的に挑んでいきます。

ドラゴンヘッドとコンジャクションのため、諦めることは出来ない。

他の天体からの干渉がないので、時には周りが見えていないと思われる事もあります。

ですが本人には見えています。

乙女座は自分を細部まで確立して行くことを目指しますから、

進みながらでしか確信は得られません。

智恵子さんの水星は牡牛座にありますから、

基本的に無口ですが、智恵子さんの経験から実感を伴う会話へ向かえば、

どこまでも語り続けます。

この方は親しくなればなるほど、無防備で無邪気です。


土星は蟹座で、蟹座特有の身内感覚、

馴れ合い感覚、保護感覚に抵抗感があります。

その抵抗感は、家族を愛していないのではなく、家族だからと甘える事が、

何故だか苦手。苦手な分だけ、身内にはそこで引っかかりを感じて欲しくありません。

ですから、さりげなくフォローしようと頑張ります。

だけど自分は常にフォローをする側でないと、上手くバランスが取れないのです。

土星は天秤座の天王星と90度です。

この天秤座の天王星は太陽、海王星、冥王星と120度ですから、

安定感があり、説得力もあります。

天秤座の最初の度数ですから、社会を強く意識している天王星です。

そこで生きたことが無いので、分からない部分もありますが、

世代的に天秤座に天王星が移動して、すぐに生まれた方は、

新しい社会性と改革を目指す傾向があったのではと感じます。

冥王星も双子座に移動してすぐの2度。

風の持つ、クレバーな気風が強い。

その中で、ホロスコープの中で唯一の水のサインである土星が、

ブレーキを踏むように、智恵子さんの流れを阻みます。


金星は牡羊座でノーアスペクトです。

金星が牡羊座の方は、とても素朴で素直です。

そして不器用な方が多いと感じます。

これは人間関係 (異性関係) において・・・・。

芸術家としての金星は、高村光太郎もそうでしたが、

きっぱり180度があるか、もしくはノーアスペクトか、

そのどちらかが良いと私は思います。

苦悩とか、絶望とか、疎外感とか、孤独とか、

芸術家にとっては、無くてはならないものです。

良い作品を作る事が、何よりの幸福ならば、

恋人と悲しい別れがあっても、

友人に裏切られても、誰からも理解されなくても、

その実は、大したことではない・・・そこまで言い切れるところが、

芸術家の中には存在しています。

だから必ずやりきらなくてはいけないのです。

牡羊座の金星が後悔をしたら、どこへも戻ることは出来ませんから。


次は高村光太郎との相性図を見ていきます。



つづく
























スポンサーサイト

別窓 | アストロジー | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<タイトルなし | このはな池 | タイトルなし>>
コメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
| このはな池 |