にほんブログ村 I'm sumire art

Facebookページも宣伝

スポンサーサイト

-------- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

タイトルなし

2014-05-26 Mon 23:00



昔から思っていた。

古代から人は、自分軸と宇宙軸の2つを持っていて、

自分の欲望を、自然の摂理に反映して、

超自然(スーパーナチュラル)な存在を崇めてきたのだと。

だけど、

全ては、自分が感じているからこそ存在しているんだって。

私はパスカルの言ったように、一本の葦だ。

でも、満開に咲く桜がその美しさを知っているのかな。。。

青い大空が、そのどこまでも深い青さを知っているのかな。。。

美しい蝶が、自身の華麗さを知っているのかな。。。

私の心を揺さぶるモノタチは、

多分、私が認識しているように己を知らないのではないかって。

空はあるがままに空なだけで、

桜は全身全霊で桜なだけで、

蝶はただ今を生きているだけで、

そこに「何か」を見いだして、永遠を感じるのは、

私の心だって。

だから、私がいなければ全ては無い。

私の心が宇宙のように拡大し続ければ、

私の心を揺さぶるモノタチはもっと深みを増し、

進化をして、その姿形から解き放たれて、

私になるのだと。

心なんて、そこにはもう無いだろう。

もう愛だけ。

私が愛。

だから、どんな事が起きても、

自分が取るに足りない存在だと思い知っても、

体調が思わしくなくても、限界でも、

今生きてそれを感じて挫けている自分自分がいる限り、

愛へともう進んでいるだって知る必要がある。

心の全てを知りつくせ。

これから共に生きていく最愛の人達に、

情けなさイッパイの私がそんなコトを突然伝えたりして、

冗談みたいに笑いながら、

一緒に愛になりたいなと、想う。







*写真は宇宙科学館の図書室でエジブトの天文学の本に載っていた、
宇宙創世の絵を、メモ紙に描き写してきたもの。消しゴムなしだったので一発勝負の線を描くのが面白かった。だけど一緒に行った人達を2時間待たせる。後で叱られたけど。*
スポンサーサイト

別窓 | アストロジー | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<タイトルなし | このはな池 | タイトルなし>>
コメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
| このはな池 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。