にほんブログ村 I'm sumire art

Facebookページも宣伝

プログレスの月からのメール

2017-02-24 Fri 23:10

魚座の新月を前に、私は何か深くて得体の知れない場所に飛び込む準備をしています。

月と言うのは、とても動きが早く深い実感を得るのに実は余り向いていませんが、

ネイタル(出生図)の月を通して、トランジット(経過)の月を見ていくと、自分自身への投影がしやすくなります。

例えば出生図の月が牡羊座にある場合、トランジットの月が牡羊座に入いると、

ネイタルの月の特性が濃くなる感じ。

牡牛座に移ると、やっぱり出生図の月を通して、経過の月を体験(取り込む)わけです。

ですから、今現在の月の位置は、それぞれの出生の月が受け止める形で、様々な変化をすると思います。



プログレスの月というものもあり、それは出生図から一か月を1度として計算し、

出生図の月をグルグルと、回していく方法です。

このプログレスの月には、これから取り組むべき事を指針を示してくれます。

月の進行はひと月に1度ずつ進みます。

これは予言に似ていて、知っているととても役に立ちます。

サビアンシンボルをこれに合わせていくと、とても不思議な世界です。

プログレスの月は自分で計算することも出来ますが (後でサイトを紹介しますね)

お申し出があれば、半年ごとのプログレスの月の進行とサビアンシンボルをメールでお知らせすることも出来ます。

月末に次の月のテーマがメールで送られてくるので、

それを計画に取り組みながら実行することが出来ます。






5月のプログレスの月は、牡羊座の1度になります。

○○さんのプログレスの月は、現在3ハウスにありますので、

何か新しい思想や知識への扉が開くことになります。

これはまだ暗闇に手を伸ばすような不安と、やっと一歩進めるような閉塞感からの離脱、

そしてこれまで依存していた習慣 (それが例え苦しいものでも) そこへ戻れない喪失感があります。

サビアンシンボルは、「海から上がったばかりの女性を、アザラシが抱いている」

まったく新しい存在状態。前例がない人生。女性は受動的である象徴で、アザラシは無意識の動物への後退を

示し、この度数の段階ではまだ何をして良いのか分からない、自覚できない状態を表します・・・・・

これからの一か月は、踏み出さずにはいられない一歩を踏み出し

踏み出した後、もう戻れな不安に駆られますが、まずは足元をよく見て、まわりの世界をよく観察する冷静さが必要です。

これから、まったく新しい世界が始まります。その事に今ご自分が反応しているのか、

又は回りが変化して、それが時間差でこちらへ届くのかはそれぞれですが、

慣れ親しんだものや、しがらみとの決別の時です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(レポート用紙2枚程度の内容を、月に一度、半年間お送りします)




プログレスの月が算出できるサイト→http://www.senli-fortune.com/orc2/horo3/horoNPT.html
このサイトは日本語で都市も選べますから、比較的に簡単にチャートが出せると思います。

プログレスの月からのメールへのお申し込みはこちらから→プログレスの月からのメール


月は私たちの分身であり、分心です。

共に歩んでいけたら素晴らしいと思います。


スミレ

スポンサーサイト

別窓 | | コメント:0 | ∧top | under∨

鎮魂と浄化

2017-02-19 Sun 00:28

鎮魂と水のサインについて。

歴史小説やドラマや映画。
何度も繰り返し作られる作品は、
無念さの中で亡くなっていった方や、
その争いに巻き込まれて亡くなられた方への、
鎮魂と浄化です。
それを作品として世に送り、
その時の感情を共有する。
水のサインは、死人と繋がります。
それは、感情に古いも新しいも無いからです。

悔しい、悲しい、嬉しいに、
人種も年齢も時代も変わりはない。

水の星座、蟹座、蠍座、魚座は、
水という、人の感情をつたって、
誰とでも繋がる事ができます。

例えば「宇宙戦艦ヤマト」というアニメ(映画)は、
片道の燃料を積んで沖縄へ向かい、
任務を果たす前に沈んだ戦艦大和が、
宇宙へ飛び立ちます。
そこに乗り込む乗組員も、
日本史の中で、負けた人の名前を持つ人が多い。
この作品は世代ごとに作り直されて、
何度も何度も、復活します。
それは観る者の心を、
何故か癒すからだと思うのです。
この癒しは、死者の魂と繋がり、
作品を観ている人を通して、
何者かが癒されているからです。

人それぞれ違うとは思いますが、
このパターン史実に触れると、
何故か涙か出るという経験は、
その場所に生きた人と心のやり取りをしているから。。。。

見えない世界の者達と共に、
私はいつも生きています。


菫(スミレ)

別窓 | スピリチュアル | コメント:0 | ∧top | under∨

天体が入っていないハウス

2017-02-18 Sat 01:10



ホロスコープで天体が入っていないハウスについて。

天体は役者(性質やスキル)を現し、

サインは衣装(環境)を現し、

アスペクトは関係を現し、

ハウスは舞台(場面)を現します。


もし生まれてくる前に神様と相談しながら、自分のホロスコープを作れると仮定してみて下さい。

12サイン、12ハウスのホロスコープに配置できる役者の数は10人です。

(その中には、人の形態をとっていないものも混ざっています)

人は生まれてくる前に、それまでの過去生に残してきた宿題を次こそはと考えます。

それが「幸せになる」といシンプルなものであっても、

そこには沢山の思いが込められています。

どんな幸せが欲しいのか、

何故その幸せを望むのか、

それはこれまでの反省や、これからの課題が満載です。


自分のホロスコープの中の太陽の位置を確かめてみて下さい。

そこは生まれてくる前に、どの舞台でどんな衣装を着て何をしたいのか、

そんな希望の証です。

神様と相談しているのですから(魂の霊系の長とも考えれますが)

その配置は自分一人のものではありません。

そこに「役割」が生まれます。

12サインと12ハウスの中に、10人しかいない役者を配置しながら、

プラスをマイナスとし、マイナスからプラスが生まれる事を想定します。

それはとても複雑なプロジェクトです。

家系、両親、兄弟、友人、恋人、配偶者、子供、上司、同僚・・・・

あらゆる出会いはすでに組み込まれていて、

自分にとって何が大切なのか知る旅が始まります。


天体がいくつも入っているハウスは、

私は強い「我」を感じます。

拘りです。

それはある意味、自信のない部分である感じもします。

ここまで投入しとけば、何とかやってくれるだろうと・・・・。

私のホロスコープで例えると10ハウスです。

ここに6人の役者を投入しています。

10ハウス自体、カルマのハウスであると私は考えるので、

よほどの強い思い入れがあるのだと思う。

それでは役者がいないハウスは?と考えた場合、

それは「自信のある分野」であるか、

出会いによって、そのハウスに後天的に役者が入ってくるかだと考えます。

私のホロスコープを例えにすると、

10ハウス(仕事)に6人入っていますが、2ハウス(稼ぐスキル)や6ハウス(労働形態)には、

一つの天体も入っていません。

こらこら、10ハウスを実行するスキルとかどう働くかは無しか?となりますが、

自分の感覚で分析してみると、2ハウスは魚座、6ハウスは双子座で、

その支配星の二つとも10ハウスに入っています。

物凄く簡潔に言えば、出張しているみたいです。

もし6ハウスは山羊座なら、土星がどこに出張しているのか確認してみて下さい。

それから、メインになるハウスと天体、それを支えるサブのハウスと天体というものがあります。

私のホロスコープの場合、メインは10ハウスです。紛れもなくです。

だから2ハウスと6ハウスの支配星を出張と例えましたが、

サブの役割はもっと遊び的要素を感じます。

私のサブは9ハウスにある火星と天王星です。

ハウスの繋がりで考えると、3ハウスと7ハウス、それから11ハウスに注目します。

3ハウスは牡羊座で、その支配星の火星が9ハウスに遊びに来ている。


天体が入っていないハウスは、ホロスコープと対話しながら、

何狙い?とか言いながら、

12サイン、12ハウス、10天体を実際に頭の中で動かしながら考えてみると、

新しい発見があるとおもいます。



菫(Sumire)




別窓 | アストロジー | コメント:0 | ∧top | under∨
| このはな池 |