にほんブログ村 I'm sumire art

Facebookページも宣伝

蠍座の星模様

2015-10-28 Wed 23:23

12170373_629022597240456_557651170_n.jpg

蠍座に太陽が入り、昨日は牡牛座で満月でした。

昨日から11月2日までの1週間ほどは、深くて可憐な星回りが続きます。

火星と金星が少しずつ距離を縮めて、ピッタリと重なるのですが、

月以外に、この火星と金星に干渉しないのです。

心のままに、それだけ・・・・。

乙女座で起きる金星と火星のコンジャクションは、これまでなかなか近づけなかった立場が、

努力やその意志の力で、結びつくような雰囲気があって、

この期間に奇跡が起こるとしたら、それはもうダメだと何度もあきらめようとしたけれど、

どうしても諦めてはいけないと自分を律した結果の上の奇跡のように感じる。

蠍座は深い絆を求めるサインです。

執念深いと言われますが、それは一度心に受け入れた人や物事は、

自分の一部となって溶け込んでしまうので、裏切られたからと言ってどう切り離せば良いのか分からないだけ。

自分の皮膚のどの部分がその人であり、物事なのか、自分にも区別がつかないのだから。

それは蠍座の持つ切なさだと思います。

だから、清濁を合わせ飲むしかないのだと思うのです。

冥王星が山羊座で、海王星が魚座で、蠍座と乙女座の火星と金星に、どこか遥か遠い場所から、

太陽系レベルを超えた力をじわじわと伝えていきます。

昔、誰かが見た夢を今私たちが見ている夢のように、過去からの祈りが届いてくるようです。

私は17歳の時に、春や秋を17回しか体験したことがないんだと思ったとき、

それは無いな・・・と思いました。そんなはずはないと。

誰かが見た夢を見ていると言う感覚は、その時の気持ちに近いものがあります。

幸せになることは、小さな星屑である個人のきらめきです。

ここにいる沢山の人たちが、幸せであることで輝くとしたら、

そのきらめきを宇宙から見たら、きっと愛おしく感じるようなキラキラ光る可愛らしい光だと思う。

これから世の中が変わるから、変わらないものを個人がしっかりと大地に根付かせていかなくてはいけません。

私は家系を見るとき、その家系にとって一番の幸せは、財産でも地位や名誉ではなく、

人が残ることだと思います。

一番辛いのは、人が途絶えること・・・・。

そんな大切な繋がりをこの1週間の星模様から私は感じるのです。

100年後は誰もこの日の出来事を覚えていません。

だから自分に素直に生きなくてはいけないと思います。



菫(Sumire)


このはな池HP


スポンサーサイト

別窓 | アストロジー | コメント:0 | ∧top | under∨

子宮とアザラシ

2015-10-19 Mon 00:49

blog_import_55c600266de5e.jpg


少しずつ秋めいてきました。温かいカフェオレが大好きな私は、

ホッとするための演出でカフェオレボールで飲みます。

両手で抱え込むから、大切にしているものを飲んでいる感覚が、きっと安心感につながるのだと思います♡

大切にすると安心するんですね。

10月は人との関わりがポイントになる月です。

言い換えると、関わらなくてはいけない月。

私は10月生まれで、10月に出産して、10月に手術をしました。

蠍座に天体が多い方は、生殖器へのエネルギーが大きすぎて、

3次元の肉体では受け止めるのが大変なのかもしれません。

だから子宮に何だかのキーワードがついてしまう。

私は30代の半ばで子宮を摘出しましたから、そこからくる不調を忘れつつあります。

極度の貧血で、母に紙切れみたいと言われ、もう頑張らないでいいかなと思い、

九大へ診断に行きました。九大の採血のお部屋にいる看護婦さんは凄いですよ。

シャア並に早いの☆あっと言う間に、試験管5本分の採血を終わらせてくれます。

出産も帝王切開だったし、開腹手術は2度目でその後の経過パターンがわかっているので、

2度目の九大は余裕で入院しました。

産婦人科には産婦人科の辛さがあって、婦人科には婦人科の辛さがあることを知りました。

泣きながら、娘さんが手術をされた後の下着を洗うお母さまと、洗い場で一緒になった時、

お母さまが、まだ結婚も出産もしていない娘が卵巣の手術をして、麻酔がきれて今痛がって泣いているのに、

自分はこんなことしかしてあげられないと話して下さいました。

私はそのお嬢さんより1日前に手術を終わらせていたのですが、お母様にその事を告げると、

もう歩けるの?洗濯もできるの?とビックリされていました。

私は前回の経験で、術後は早めに動いて最初は死にそうだけど、動けば動くほど楽になることを知っていました。

お母様にそのお話をして、お嬢さんもきっと明日には自分で歩いて、どんどん元気になりますとお伝えしました。

だけど病気のことは何も聞きませんでした。

きっと私は泣いてしまうから。

病院の中では、どんなものを見てもみんな病気だから普通でいられるのですが、

退院の時、手続きを終えて九大の前にあるレストランでクラブハウス・サンドイッチを食べていたら、

ポタポタと涙が零れて、泣きながらサンドイッチを食べました。

母とその頃は結婚をしていたので、夫が迎えにきてくれたのですが、

黙って泣きながら食べる私をみて、その気持ちを汲むように何も聞かないでいてくれました。

そのあと、11月の月末に初めてお伊勢参りに行きました。

子宮が無くなってしまったので、私のお腹には大きな穴が開いてしまい、それで心にも穴が開いているから、

太陽の神様のところに行って、お祈りをしようと思ったのです。

元気にして下さいとお祈りするわけではないんですけどね♡

下宮がとても波長が合って、底抜けに気持ちが明るくなりました。

何だか全然なんの問題もないよ、私の身体も人生もって感じ(^^)

とても楽しい旅行でした。一緒に行った友達が「虎」のような人だったので、

一緒にいると安心なのもあります。

強いのです。

お伊勢参りは、もう一度生まれてきた時(そんな体験をした時に)行くといいのかもしれません。

子宮を摘出した時、私のプログレスの月は牡羊座の1度でした。

「海からあがったばかりの女性をアザラシが抱いている」

私はアザラシに抱かれて、子宮の海から上がってきたんだね。

子宮の悩みはいろいろですが、今のほうが私は自分の女性的な部分を愛おし感じます。




菫(Sumire)










別窓 | 森羅万象と命 | コメント:0 | ∧top | under∨

比べないで

2015-10-15 Thu 00:07

img_0 (27)

秋の夜空はとても美しいです。

占星術家はもっと外へ出て、星を見上げるべきだと書かれた本を読んだことがあります。

これは画家に、アトリエからでて、もっと自然をスケッチすべきだ・・・に何となく似ています。。


星の読み方も、占星術のスタイルも様々だし、

癒しの世界も、方法もスタイルも様々です。

私は自分の見解を述べると言うことは、比較の世界に入るということだと思います。

セラピストも同じだし、実は神様の道も同じです。

自分と違う見解を持っている方は沢山いらっしゃいます。

そこで比較され、もしジャッジをされることを恐れていたら、ここには立てません。

本当は比べることの出来ない世界なのに、それは在るものなんです。

もし、自分にあと一歩踏み出す勇気がないと感じたら、

誰のホームページもSNSも見ないで良いと思います。

誰とも比べず、ただ自分がやれることだけに向き合って、全身を集中させて取り組むべきです。

そしていつか、他の人たちのメッセージを受けるとことが自然に出来てくると思う。

誰を批判することなく、自分自身に誠実に取り組めていけば、

その姿勢が自信となっていきます。


大切な友達ができて、尊敬できる師に出会える幸運も、自分があってこそですから。



11月11日・12日に神奈川と東京で、癒しと占星術のワークショップを開催します♡

ヒーラーのシェリーさんのワークは、真の癒しを実現させてくれるものです。

癒しと占星術のワークショップ

シェリーさんが行うワークについての素敵な文章です♡
真の癒しとは、愛と許しであると思うのです。

自分を癒すことの大切さ

お気軽にお問合せくださいね♡



菫(Sumire)


別窓 | スピリチュアル | コメント:0 | ∧top | under∨

突き破れ

2015-10-13 Tue 00:06



11403329_589428841199832_4523693192311598859_n.jpg


天から吹く風、降り注ぐ光が、

私に語る。

娘よ、目に見えるもの、身体で感じるものを超えたものが、

本当のあなたへ響いていることを、

あなたは知っているでしょう。

眩しさや、暖かい感覚、

その逆のもの、

それら全てが、

一つの環の中に巡って、

その環を突き破れと、

そう響いていることを、

あなたは知っているのでしょう。


だから、時々、

あなたの言葉や描くものには、

私の翼を映すのでしょう。



冷たさも、暖かさも、

優しさも、残酷さも、

同じように、

同じ力で、

あなたに響くのでしょう。


突き破れと。



いつか、寒くて死にそうな草千里を歩いていた時に、

私の中でグルグルと廻った言葉。

突き破れという。

その輪を突き破れと。



クライアントさんからメールを頂くと、とても嬉しいです。

私が作るカルテをどうか突き抜けてください。

そして新しい循環へと向かってほしい。

カルテを作る時に、当たる、当たらないで作るのは時間の無駄のように感じます。

出来るだけ、どんなことに悩んでいるのか、人間関係のことや、恋愛のこと、いろいろ教えて下さい。

その方が星から何を具体的に引っ張り出せばいいのか分かるから、

適格なカルテが制作できます。

リーディングアートも同じです。こんな願いがあると言われて描く方が、

その願いが叶う確率が、これまでの実例から高いのです。

言葉にすると、その言葉が動き出すのかもしれません。

そしてカルテをいつか、突き抜けて行って下さい。

それから、HPのお問い合わせから、ブログの感想を頂くことがあります。

その中に悩んでいることや、迷っていることを書いて下さったら、

ブログの中で、それに関係する事柄、星に触れて書くこともできます。

もちろん、匿名性は保ちます。

ブログもこんなふうに使っていけば、良いなと思いました。






11月11日、12日に神奈川と東京で、星座と癒しのワークショップを開催します。
ホロスコープ・リーディングをしながら、星座と数字を生活に役立てていく方法をこのレッスンで学んで頂きます。
お菓子持ち込みで、座談会のような形式で行う予定です♡


お問い合わせこちらまで。
星座と癒しのワークショップ

.

別窓 | スピリチュアル | コメント:0 | ∧top | under∨

10月・・・星からのメッセージ☆Sumire編

2015-10-11 Sun 01:15

blog_import_55c600665e77b.jpeg


10月に入って、水星の逆行も終わり、

これからいろんな事が順調に進んでいく星空です。

乙女座に金星、火星、木星、が入っているので、個人的な欲というか願望を叶える為の秘策は、

乙女座世界にあると言うことになります。

出たとこ勝負の方が良い時も確かにあるのですが、

今はきちんと管理された計画を立てて、その手順を踏みながら進めて行くほうが良いです。


11月3日に金星と火星は、乙女座の23度(数えの24度度)でピッタリと重なります


何かに心がときめくのなら、それを手にするために11月上旬を目安に計画を立てて、

地道に、だけどしたたかに進んでいく。

そこで手にするものは、とても綺麗で尊いものだと星は言います。

今日、私があれこれ愛するコトと、愛されるコトについて考えながら仕事をしていると、

途中で自分に対しても、周りに対しても、とても否定的な気持ちになってしまい、

どんよりとしていたら、メッセージが降りてきました。


「素直な気持ちで愛したい人を愛して、素直な気持ちで存分に愛されて下さい」


深刻さと単純さのバランスのとり方が上達してきた私は(ちょっと図々しくなってきたのかもしれない(-_-)!)

次の瞬間とても心が明るくなって、素直が一番だよ、そうだよね♡

あれこれ考えて無理して賢くなる必要がない時だってあるさ。

必要な時もあるけれど、それはその時、感じることだ。

無理かもしれないと考えると、無理を押してやり遂げたい情熱が必要だけど、

出来ると考えて取り組むと、一つ一つの過程が終わっていくたびに、

自信がついてくる。

自信とは、その小さな成果の積み重ねの上に手に入る宝物だから。

後、ひと月足らずですが、11月上旬を目標に、自分を喜ばせるべく頑張ろう☆ミ


今は牡羊座の天王星と、魚座の海王星がとてもピリッと効いていますから、

そうだな・・・・天王星は進化した水星の一面があるので、ちょっと革新的なコピーを考えて、

自分のブログやホームページに使うと、目を引くと思う。

それから、魚座の海王星だから、単純なんだけど竜宮の乙姫様をお呼びして、

自分の願望の相談をするイメージで、連想していくのも良いと思います。

そこに凄いヒントが得られる可能性があるから。

乙姫様は、巫女のように言葉を降ろしてくれる。

鈴の音でお呼びできると思います。

私だったら持っているパワーストーン (なければ花びらでも素敵♡)で、六芒星を作ってお祈りするかな・・・。

身体は清めて、心は透明にして、正直に、ひたすら正直に。


私はハロウィンがお誕生日だから、もうすぐ木星期に入ります。

蠍座の14度(数えの15度)は、権力の頂点。

木星らしい権力を私は追及していこうと楽しみにしています。

笑っている場合じゃないんだけどね(*^_^*)


今月のまとめ

☆ 緻密な計画を立てて、憧れているものに近づこう

☆ 11月3日目標

☆革新的なコピーを考える

☆ 乙姫様にお話を聞いて頂く


これを現実離れした「まとめ」だと思うかもしれないけれど、

やってみないと分からない世界なんです。本当に。

もういい加減、世の中は見えないものが見えるものを動かしていると気が付ている方は多いはず。

私はお水取りとか言って、有明海の海の水を、八女の山の上の神社まで本気で運んだりする、

とても真面目な普通のシングルマザーです。

11月は関東でみなさんにお会いできるのを楽しみにしています♡

私らしいワークショップにしようと思うのです。

その時、その場が開けていたら、どんどんメッセージを降ろしていこうと思う。

今回、カップルで参加される方が多いような感じがします。

陰陽のバランスが影のテーマなのかもしれない・・・と感じます。

みんなで幸せになろうね♡もう私、突き抜けて降ろしていくからね(*ノωノ)♡

みんなで幸せになるって、決意だと思うのです。

だから私に関わる人は、何だかのヒントや確信や予感を必ず持って帰ってもらいます。

そのために此処に立っているのだもの♡



菫(Sumire)



癒しと星座のワークショップ ←お問い合わせはこちらから☆

別窓 | アストロジー | コメント:0 | ∧top | under∨

巨石群

2015-10-10 Sat 00:03

ヒメ神様との事を、女神との会話で振り返っていこうと思います。

ずっと以前、夢の中で年表を見たことがあって、

言葉にするのは難しいのですが、祭祀に関する年表だったと思います。

それは長い巻物に絵面で表してありました。

最初は自然そそのままが神殿のような様子でした。

例えば、岩とか木とか。

でも途中でアンモナイトみたいな爬虫類のようなものが入ってきて、

建物の神殿が出来ました。

それからま真っ黒な私の視界では全容が分からないほどの大きな船がやってきて、

次の瞬間目が覚めて、恐怖でいっぱいになりました。

夢であっても、そこで感じるものは起きている時と変わりなく、

しばらくそこを動けないままだったりします。


パワースポットと呼ばれる場所の中で、私は巨石と波長が合いやすいと経験上そう感じます。

佐賀大和の巨石群と阿蘇の押戸石は、とても印象的な場所でした。

佐賀の巨石群は嘉瀬川のそばにあって、

「標高200~350mの地点に10m以上の巨石群が17点在 。

数千年の時を経た石には、それぞれの言われがあり、

与止日女さまのご神体と考えられている 」


正解には石神とされているのは、世田姫。

風土記にはこう記されています。


「またこの川上に石神あり、名を世田姫といふ

海の神鰐魚を謂う年常に流されに逆ひて潜り上り

この神の所に到るに、海の底の小魚多に相従ふ」


世田姫のもとに、海の神(鰐魚)が、毎年毎年流れに逆らって、

潜り上って、この神のもとに来る。

海の底の小魚が沢山従って上る。

この魚を畏れ敬う者は殃なく、

捕り食べれば、死ぬことあり。

2、3日留まり、海へ帰る。


ここ佐賀大和は、海から遠く離れているけれど、

世田姫もヨドヒメも、海の神との繋がりが残されています。

巨石群のある山を登り始めると、

どうやってこの配列?と言う感じの組み合わせで、

巨石が積み上げられていて、石神と呼ばれるのも納得。

その時、写真を一枚撮ったのが、この巨石です。

名前は「さやのかみいし」

漢字で書くと「道祖神石」

img_1 (9)

本当は中は空洞の穴になっていますが、光が瞬間集まってきました。

ここは来たことがあると思った・・・。

それか此処と同じような場所。

福岡には「沖ノ島」がありますが、写真を見た時に同じ感じがしました。

神殿は後から建てたもので、あの磐座が同じ感じ・・・・。

巨石には「意志」があって、そこに在るのだと思うのです。

img_0U7OFOWNG.jpg


石はとても男性的なイメージが最初しますが、

とても女神的な石が沢山あります。

陰陽のバランスをとるように、巨石は配置され、そこに太陽が昇ったり、

星が動いたりするのです。

石だけでは完成しない世界があって、必ず天との契約がそこに加わります。

全て私の経験上で言っている事なので、これからまた新しい発見があると思いますが、

古い神社は、後ろの山があれば、その山が御神体です。そこに巨石があればそこが斎場であった可能性が高い。

私がなぜ、占星術を勉強しようと思ったのかは、そこがスタートでした。

世田姫は世止日女様

私が生まれた場所は、明治に入るまで 「勢門村(せとむら)」と呼ばれていました。

この 「勢門」はずっと昔、「世止」という字で書かれていたことを知って、

佐賀大和とは随分離れた場所だけど、ここは大昔 「世止姫様」の土地だったんだと驚きました。

もう凄く、凄く、昔の話です。

日本がまだ大和になる前の話。

ホロスコープの絵を描くとき、その人の名前をカタカムナ文字で画用紙の上に書いて、

絵を私は描きます。

この文字の存在を教えてくれた方は、私が絵を描かせて頂いた方でした。

カタカムナ文字は、文字が揺れているのです。振動していてその様子が文字になっています。

巨石と星と似ている感じです。


私が繋がっている姫神様は石と桜の神様ですが、もしかしたらどこかで共通点があるのかもしれません。

今度は姫神様から言われたことを書こうと思います。


菫(Sumire)





星座と数字のセミナー

11月11日と12日に東京と神奈川で「星座と数字のカルテ」と、

神霊家でありヒーラーでもあるCheryさんとコラボワークを行います。

癒しと星座のワークショップ

Cheryさん自身が神霊家であるため、神霊と星座と数字を一緒に体現できるようなワークショップになると思います。

このレッスンで、占いという枠を超えて、星座と数字を自分の感覚で掴んで頂けると思います。

参加者募集していますのでお問い合わせ下さいませ。






別窓 | 女神との会話 | コメント:0 | ∧top | under∨

姫神さまから教えてもらったこと

2015-10-07 Wed 22:40

12071838_621945267948189_529991838_n.jpg

私が姫神様から教えてもらったこと。


姫神様の名を名乗るのではなく、その名に成りなさいと。

成したことが名になるのだから。

もともと名など無かったと言ってもよい。人が成したことからその名で呼ぶのだから。


一人でお行きなさませ。

あなた一人で進んでお行きなさい。

誰も何も教えてはくれません。誰もあなたの間違いを正しません。

ご自分でなさいませ。


あなたがいくら私を宿そうと、ものを集めても、

そこに私は居りません。

諦めなさいませ。あなたの行動の中に私は参りましょう。

そこに私は降りましょう。


あなたが不安なら、まずは落ち着いてごらんなさい。

落ち着くのです。

大地に上にしっかりと自分の足で立っていることを思い出してごらんなさい。

落ち着くことは、心を身体に呼び戻すことです。

それからではないと、あなたはさ迷うばかりです。

そして思い出してごらんなさい。

人の役に立つために、始めたことだったと。

しっかりとなさい。


私を感じるために、どこか遠くへ行く必要はありません。

お供えも祝詞も必要ありません。

あなたが感じる私を、真似てごらんなさい。

言葉、行動、表情、その全てで私を真似てみるのです。

それで十分なのです。





別窓 | 森羅万象と命 | コメント:0 | ∧top | under∨

心配するな

2015-10-06 Tue 12:05

3重円菫


自分の誕生日が近くなると、ホロスコープの3重円を出してみる。

人生には四季のような移り変わりがあって、だけど人はそれぞれスタート地点が違う。

親の愛に恵まれいる人が、全員同じスタートラインに立って生まれてきたわけじゃないし、

親の愛に恵まれたかった人が、全員同じスタートラインに立って生まれてきたわけでもない。

だから、出自は努力しだいで超えられるという理論は、

同じ努力でも努力の量が違ってくる。

人それぞれ・・・と言うのは、よく聞く言葉だけど本当にその通りなのだと思う。

人間はこの次元において、条件という面では「不平等」なのだ。

だからそれくらい簡単だったと、自分の認識と他の人の実感は違っていて当たり前。

簡単だと言うのは、幸せのようで、チャンスを見つけられない場合もあるから、

大きな視線で見ると、もしかしたら平等なのかもしれない。

フィッツジェラルドの「グレート・ギャッツビー」の冒頭で、父親からの言葉が書かれてある。

「お前が誰かの事を批判したくなった時は、こう考えるんだ。世間全ての人がお前のように恵まれた条件を与えられたわけではないのだと」

毎年、進行の太陽は1度ずつつ前へ(終わりへ)進んでいく。

毎月、進行の月も1度ずつ進んでいく。

そこに経過の天体が角度を作って、その人のいろいろな面をクローズアップして、

いろいろな気づきを与えて、いろいろな葛藤や絶望を与えていく。

人が人を使って、互いに与えあって人生は進んでいく。

私は10ハウスに天体がギュッと集まっていて、そのサインが蠍座であるため、

今生きているこの地 (この星、この国、この場所)に、自分を確かめたくて深く深く潜っていく。

それを誰が決めたのだろう。

私が決めたのだろうか。

宇宙が決めたのだろうか。

カルマかな。

偶然だろうか。

様々な答えを思い浮かべていくけれど、正解の鐘なんか鳴るはずがない。

だから一番、逃げ場のない答えを選ぶ。

自分で選ぶしかないのだから。

私が決めた。。。。。

そこが一番、納得できるところだ。

今ここにある全て、ここに無い全てに、私が決めることだからと歩いて行く感じ。

やっぱり蠍座サディスティック。

般若心経の現代訳の最後にあった言葉。

大丈夫。心配するな。

このブログを読んでくれている全ての人にも。

大丈夫。心配ないから。



菫(Sumire)



別窓 | アストロジー | コメント:0 | ∧top | under∨

来年のこと

2015-10-04 Sun 23:41

12107717_623895074419875_299901384240521713_n.jpg


来年はどんな一年になるんだろうと、

秋くらいから毎年考え始める・・・・。

来年はきっと、慰めの一年です。

それから奉仕的な雰囲気があります。

もしかしたら、国防での殉職者がいらっしゃるかもしれない。

どこか悲しいような気持ちになります。星はまだ細かい流れを読んでいないけれど、

個人の力ではどうにもならない事が、動きそうで怖い。

でも動くときは、この国は山も動くのだ。


先日、住吉神社で神様から言われたことは、

心が汚れないように守って、傷つかないように何もしないと、

心は曇るから、どんどん汚れて、どんどん傷ついて、そして磨き上げる道を選びなさいということ。

いくらでも磨けるのだから心配しないで良いと。

そうだな・・・と、思いながら家にトボトボと帰る私でした。

最近、独り言が多いな・・・。


別窓 | スピリチュアル | コメント:0 | ∧top | under∨

拠り所

2015-10-03 Sat 11:40

blog_import_55c6020e719ed.jpeg


あまり神様には頼らない。お任せするしかない。

だけど、心に拠り所は必要で、私は津和野で出会ったマリア像を拠り所にしています。

森羅万象の神々は、愛であっても情ではなく、

人の心の悲しみや苦しみとは、別次元とでも言うか・・・説明は難しいのですが。

それに対して、人の形をした「神さま」は、ずっと私たちに近い存在だと感じます。


それぞれ何でも良いと言うと誤解が生まれそうだけど、

自分と縁を感じる「神さま」を拠り所にするのは良いと思います。

私のママ友は、凄い霊媒体質ですが旦那さまのお顔にそっくりの仏像の写真を、

いつも身近に置いていて (もちろん、そっくりの旦那様もそばにいますが♡)

寝る時は枕元に置いておくこともあると言っていました。

まさに、そんな感じで最高にドンピシャです☆彡

人の形をした「神さま」は高次に上がらず、此処に留まって人を助けてくれる存在。

天使もきっと同じ感覚なのかな・・・・。

私は水色のロザリオも持っていますが、人の残留思念ような悲しいものとチャンネルがあってしまったら、

ロザリオを握ってお祈りします。テレビを観ていると時々そんな時があるのです。

それは自分の心を守るためのツールです。

だけど本気で、天へ上がってほしい時、ここから昇天してほしい時は、

神様に御頼りします。

全身の毛穴が全部開く感じで祈ります。


開運を拠り所の「神さま」にお願いしたことは、多分一度もしたことがないと思う。

人の形をした「神さま」は、よく通じるので、欲望と絡み合っていて争いの元にもなりかねない。

病気を治して下さいとお祈りした事はあります。

家族の具合が悪い時は、やっぱり悲しくて願ってしまいます。

マリアさまは、私の話をよく聞いてくれて、一緒に強くなりましょうとおっしゃいます。

私はいつも気を付けているなあと思う。

魔が差す時、人の形をした神さまはとても危ういから。

これは私の心が危ういのですが・・・・。


冥王星が私の女の幸せに余り関心がないのと同じで 、

(だけど影響力は爆発的だから、流れを知るのは大切です)

遠い神様、宇宙の根源神は、私が此処に生まれて生きていることが全てで、

その心模様まで関知しない。

苦しみの悲しみも、命だから。それはあって当然で生命の違和感ではないからです。


スの神様に、本日の愚痴を聞いてもらうのは何か違うしーと思うのだけど、

お部屋のマリアさま、観音さま、天使に、

今日ですね・・・とお話を聞いてもらうのは、アリじゃないかと思うのです。




菫(Sumire)



星座と数字のカルテ、10月のご予約受付中です。残り2名・・・10月まで初回料金ですから、この機会にどうぞ。


このはな池 メニュー


別窓 | スピリチュアル | コメント:0 | ∧top | under∨

星座と数字から見えるもの

2015-10-02 Fri 11:22

599392_129176377225083_1394246955_n.jpg


星座と数字のカルテを制作していて、気が付いたことは、

月という環境が及ぼす影響力です。

どんな家に生まれてくるか、どんな環境で育つかは、本人の意思とは無関係のようですが、

どこか自分で握りしめて生まれてきた部分があると感じます。

これは伝え方を間違えると、そうなったのは全て、あなたのカルマのせいだという事になりかねないから、

(決してそうじゃないし、そんなことあり得ない)

月に関しては時間をかけます。

私は蠍座に6天体、MCも蠍座で、その蠍座世界の真ん中に月があります。

月が他の天体を両端から引き寄せている感じ。

月の周りにある天体は、それが冥王星であっても月を通して、その天体を受け止めていくようです。

私は蠍座の月のフィルターを通して、他の天体を見ている・・・とでも言うか。

月が一つ、ポツンとホロスコープの中に存在している方は、

そのサインも考慮しますが、自分の事がよく分からない感覚。

だけどその分、現在の自分の思いに忠実なのかもしれません。

いちいち過去のフィルターを通して、惑星を見ることは必要ではないタイプ。

今世で自立する新しい心を求めて生きていく。

或いは、逆の立場に立って生きてみることを選んだか・・・・・。

月はある意味、両替商なのかもしれません。

地球サイズに惑星が持つ価値を両替してくれるの。

だけどこれは「地球」であって、本来の惑星の持つ力や価値とはズレがあります。

金星を地球で使える分だけ両替して、それが金星の総合力とは対比しないと言う意味。

ホロスコープを読むとき、占星術師は月の関所をわざわざ通りらないので、

(通って読む方が落とし込みやすいのかもしれないが)

未来を照らす光は、未来にしかないと言うことを前提に星を読むので、

自分の生活に落とし込むのに違和感を感じてしまう部分が出てきます。

潜在能力というものではなく、使えないと判断された能力?

まずは自分サイズをはみ出す勇気を持つことなのかもしれません。

協調性は大切ですが、自分勝手でも愛される人は愛されています。

そもそも全ての人に受け入れもらう必要はないのだと思う。

肝心要は、自分を愛せるかどうか。自分がそれでよろしいと信じられるのなら、

その道を行くのが、宇宙に生きるということではないでしょうか。

月に未来の記憶はないので、月は起こっていない事には関与できません。

繰り返されるパターンを知るには役立つけれど、

これからの自分はそこにはいない。

星座と数字のメッセージは、もしかしたら自分も知らない「私」なのかもしれません。

実はライフ・パス・ナンバーが「22」の私ですが、最初から完成なんて分からないですもの(._.)

だけど最近と言うか、少し前から、こんな事考えるのバカじゃない?というような、

大それたことを本気で現実的にイメージするようにになりました。

22をこの世で体現するのに、初めから明確なビジョンを求めて、ダメだ・・・諦めよう・・・となるより、

まずは何となくでも良いから、こっちの方向で、この手段でと進み始めることが大切だと思います。

これは1でも3でも5でも8でも、どの数字にも言えること。

そして少しずつ手ごたえを感じること。

その小さな自信が自分を支えていくから。

命があって、今生きているって、実験のような一面があります。

こんな事をやっていくと、どこへたどり着くのだろうか、

そこには誰が待っていて、私は何を思うのだろうか、

月の領域から出た未来は、生きてみないと分からない。


星座と数字の力はそこにあると思うのです。




菫(Sumire)




星座と数字のカルテ 10月分のご予約、残り若干名受付中です。

星座と数字のカルテ

別窓 | アストロジー | コメント:0 | ∧top | under∨

独り言

2015-10-01 Thu 23:34

12033723_621945274614855_1667771844_n.jpg


今日、会社の帰りに前髪を切りに行ってきました。

髪を切るって以前も書きましたが、とても大切な行為だと思います。

先日、大阪へ行ってきました♡

バタバタで、住吉大社へは寄れなかった・・・・・(._.)

博多に到着にて、博多の住吉神社へお参りに行きました


西に沈む夕日は赤くて、地上の人の想念ですこし膨張して膨れている感じ。

朝日はもっとクリアで痛いの。




今から8年くらい前、私の住む町で町長を決める選挙があって、

父の交友関係から、私は一人の候補の応援に駆り出されていました。

二人の候補が一つの議席を争うのは、白熱するんですよね。

投票日の前の夜、小雨が降る寒い秋の日、父と選挙事務所に行って皆さんとお話をしていた時、

候補者の隣の山に神社がある事を思い出して、当選祈願をした方が良いと思って

傘をさして、真っ暗な山を一人で上りだした。

使命感みたいなものがあった感じ。私はそういう事をしなくてはいけない存在だと思っていた。

だから冷たい雨の中、神社への階段を大きな闇に向かって登ることに、恐怖はなかった。

やっと本殿にたどり着いても、本殿も真っ暗で何も見えない。

雨の音が聞こえるだけ。

さあ祈願をしようと手を合わせた時、頭の中に聞こえた声は「否!」

神様に町政を私の繋がりで、こちらを当選させて下さいと願うことは出来ない。

明日の選挙かこの町の発展と安定を導くものであれば良いのだと。

あれほど当選祈願をしなくてはと、脚元も見えない山を登ってきたのに、

手を合わせた瞬間、そんな気持ちは一瞬で消えて無くなった。

思いもよらないことで、内心驚きながら、私はこの土地の繁栄を神に祈った。

その日の夜、眠っている私のところにやって来た者がいた。

とても暖かい手で、私の顔を覆うように優しく包んだ。

眠りながら、私の魂、過去の私が来たのだと感じた。

よく、やりました。それで良いのです。

そう頭の中に声が聞こえてきた。

私は以前巫女だったと、この時に確信しました。

守護霊という存在もこの時、実感しました。

生きていきながら、過去の記憶に触れて、過去の自分に追いつく感覚。

あの時の暖かな手の平を、今も覚えていて、

時々、自分の顔を包み込んで、こんな風に言ってあげる。

「よく、やりました。それで良いのです」


あの時、進行の木星が私のアセンダントに近くにあって、その後津和野と出雲で過去生と出会います。

木星にはそんな魔法が使えるんですよね。



菫(Sumire)





星座と数字のカルテ10月分の予約は、残り若干名受付中です。

星座と数字のカルテ


11月11日12日、東京と神奈川で「星座と数字のカルテ」のセミナーを行います。
このレッスンで、自分自身をしっかり掴んで下さいね。

http://mizuhime1031.jimdo.com/イベント-セミナーのお知らせ/






別窓 | スピリチュアル | コメント:0 | ∧top | under∨
| このはな池 |