FC2ブログ

記事一覧

タイトルなし

毎日、通勤の時に桜の木の下を通ります。今は葉を赤く染めて、ハラハラと落ちて、もうすぐ一枚の葉もなくなってしまいます。私はどの時の桜も好きです。それはどの時の桜も、美しいから。それは人も風も水も同じ。日本の女神さまに、姉妹とされている女神さまがいらっしゃいます。この女神さまは互いに対照的な印象です。ですが、この姉妹とされている女神さまは、お一つ。こちら福岡には、コノハナさまとイワナガさま、両方をお祀...

続きを読む

タイトルなし

    太陽の神様が男神であろうが、女神であろうが、生まれた娘は「太陽の娘」である。...

続きを読む

タイトルなし

                時々、思わず膝をついて頭を下げてしまう場所があります。                阿蘇の米塚はその一つです。                そこが何か特別と言うこともありますが、                そこでこれまで沢山の方達がそうされてきたことが、                その前に立つと、解ります。                      それ...

続きを読む

タイトルなし

   私は実際に星空を観に、大きな天体望遠鏡のある場所へ出かけます。   この絵の真ん中の空洞を囲む光は、M56という惑星状星雲です。   星の最後の姿だと教えて頂きました。   それはとても美しい光でした。     この絵は今年の初めに描きました。   終焉は始まりで、そこにどうしても地球が重なり、   描きながら、とても恐ろしくなったことを覚えています。   目を逸らさずにじっと全てを見つめて...

続きを読む

タイトルなし

西洋占星術において、太陽は「今生の私」とされています。この「今生」という意味は、今世の私と言う方が解りやすいかもしれません牡羊座の方は、迷っている時が一番、ご自分らしくないように思います。牡牛座の方は、ご自分の感覚こそ信頼されるべきです。それは周りをも癒します。双子座の方は、四方八方に飛び交う想いは、伝えたい方のハートで一つになります。蟹座の方は、ご自分のルールを通しますが、そのルールで大切な人を...

続きを読む

タイトルなし

    この絵は、この絵を持っていらっしゃる方の、    天へ真っすぐに伸びる御柱です。    突き抜けながらも、突き破ることなく、しなやかなハートの鼓動です。    ...

続きを読む

タイトルなし

     この絵はご自分でご商売をされている、女性のところに行きました。     微笑みという名前の絵です。     ...

続きを読む

タイトルなし

     この絵は、小さな身体に大きな勇気を宿した男の子の絵です。     何者も傷つけず、何者にも傷つけられない・・・聖剣のような方です。...

続きを読む

タイトルなし

星占いは、子供の頃からとても身近で愛されている占いだと思います。みなさまは、ご自分が生まれた日に12星座のうち太陽があった星座で、・・・・座であると、大抵の方は知っておられます。人は太陽の他にも、9つの惑星を持っています。例えば、太陽が牡牛座でも、月は他の星座にあったり、火星や金星、遠くにある海王星や冥王星にも、それぞれ星座はあります。それはその方が、いつ、どこで、何時にお生まれになったかで違い、...

続きを読む

タイトルなし

    ある年の8月、その年が何が特別だったかは解らないが、    沢山の者たちが、昇天しました。    どの年でも、8月は特別な月です。     ...

続きを読む

タイトルなし

この絵はご自分で物語を書かれている女性のもとへ行きました。その方は鳥がお好きで、その方ご自身が「青い鳥」でした。...

続きを読む

タイトルなし

              西洋占星術をもとに、ホロスコープを作り、それを絵にします。              それぞれが生まれる時に描いた星空の美しさをお伝えします。                                      &n...

続きを読む

プロフィール

菫

Author:菫
西洋占星術師であり、星の画家です。
バースチャートの鑑定、そのチャートからリーディングした絵を描いてお届けします。
普段の私は紅茶とワインが好きで、歴史小説ばかり読んでいます。
星とは前世からずっと一緒にやってきて、
そこから神の意志を地上へ降ろしていました。
星のこと、精神世界との関わり、神様のこと。、絵のこと。
HPからお問い合わせください。

菫(スミレ)