にほんブログ村 I'm sumire art

Facebookページも宣伝

15歳の土星

2017-05-21 Sun 23:17


土星と娘の観察。

今年受験生の娘(シー)を見ていて、思うことがある。

君には無限の可能性がある・・・なんて言葉で成長してきた世代の闇。

これは私くらいの世代も少し噛んでるかもしれない。

15歳くらいで、出生の土星と現在の土星の位置がちょうど向かい合う。

世の中と向き合うという感じかもしれない。

希望的観測では進めないのが、きっと受験なんだろうな。

ここで平均的にバランスを取りながら、

どの道へも進める「可能性」を残したいのが、きっと本音だけど、

何者かになろうとするなら、

退路を断ちながら進んで行くしかない場合もある。

土星の判断は正しい。かなり正しい。

この枠を超える為の力は、15歳には無い。

自分のアイデンティティを土星と向き合いながら、どう形にするのか。

受験で悩んだり、苦しんだりした人の方が、

その後の道が確固たるものとなる・・・・と、自分の経験で思う。

何故なら、私は少しも受験で苦労していないから、その分のジレンマを後で味わった。

土星はリアルで向き合うのが一番良い。

諸葛孔明の

優れた人は静かに身を修め徳を養う

無欲でなければ 志は立たず

穏やかでなければ 道は遠い

学問は静から 才能は学から生まれる

学ぶことで才能は開花する

志がなければ 学問の完成はない


この言葉の通り、才能は学から生まれると大人になった私は知っている。

これまで、自分の才能に胡坐をかいて努力しない人を沢山見てきた。

謙虚に学ぶ人が、確実に自分を開花していく姿も沢山見てきた。

土星が出生図に鋭く効いている時期は、泣きながら、自分を呪いながら、

めちゃめちゃ考えて、何かを学ぼうと懸命に努力した人が、

その「無限の可能性」とかいう言葉の前にいつか立てるのかもしれない。

その時、きっともう、可能性を無限に求めたりしないだろうけれど。

一つでいい。

この道一つで、大丈夫だと思えること。

そこに到達できるのは、まだまだ先だけどね。

15歳と土星をもう少し観察していこう。



スミレ


スポンサーサイト

別窓 | 土星 | コメント:0 | ∧top | under∨

いつか終わる

2016-09-06 Tue 11:49

11406879_577964055679644_5269160316861464529_n.jpg

結論から言うと、

人生は失敗するか、成功するか、なにもしないかだ。

何をして成功と失敗とするかは人それぞれだけど。

よく土星について書くのは、

そこに大きく関わってくるから。

自分のチャートの土星の状態を知るべきだと思う。

私個人としては、土星だけを頼りに進んでいる。

土星は牡牛座で、ここで掴んだ形あるものは離さない。

もし土星が風のサインなら、それは思考に宿り何としても残そうとする。

火のサインなら、直観が宿り何かを残す。

この「何か」とは、社会において「価値」があるもの、

この「価値」とは、人の役に立つということだ。

土星は役立つものあり、その人の人生を歩む力を支える骨組みとなる。

自分も人も支えられるほど強固に。

「生きがい」

この言葉は、対象がなければ成り立たない。

社会や家族の「役に立つ」ことは、

土星の生きがいに他ならない。

誰が自分ひとりのために、汗と涙を流しながら、

成功と失敗に挑むだろうか。

その思いが強いほど、やり遂げなければという意志が生まれる。


太陽と土星の組み合わせは、具体的な方法を教えてくれている。

HP

スミレ














別窓 | 土星 | コメント:0 | ∧top | under∨
| このはな池 |