にほんブログ村 I'm sumire art

Facebookページも宣伝

純粋性

2016-02-18 Thu 09:01

12743900_671832142959501_5147899200587782815_n.jpg

蠍座に火星が入って、一か月以上が経ちました。

その間に見たり、感じたり、追及したいと思ったことは、

そこはかなとなく、蠍座の火星を感じさせるものでした。


心の中にある、もやもやっとした部分・・・・。

「不安」とか「劣等感」とか「ジレンマ」とか。

そこをどれくらい意識的に擽ることができるのか、

蠍座の火星の着火点を探すとき、頭によぎった言葉です。

誰かと、何かと、比較して「不安」になったり「劣等感」を感じたりします。

ジャッジすることを否とするのは、間違っていません。

ジャッジした結果自体が、何の意味も持たなくなれば・・・の話ですが。

「世界から核はどうやれば無くなりますか」という質問に、

アメリカの国防に関わる方の、

「核を持っている事に意味が無くなれば、核は世界から無くなります」という答えに少し似ているのかもしれません。


自分が好きではない、こんな風にはなりたくないと思う人がいて、

だけどその人は、自分には持てない力を持っていて、

極端な話、その人の足元に零れ落ちたチャンスを、四つん這いになって、

涙を零さないように歯を食いしばって、ポケットに詰め込んでいくところを想像してみる。


どうしても、欲しいものがあるのなら。

それがそうすれば手に入ると信じて。

蠍座の火星の執念は、そこで着火するかもしれないと思いました。


執念という言葉は「蠍座の火星」を言い表す言葉なのかもしれませんが、

私は一番に「蠍座の火星」に感じる言葉は、

「純粋性」です。


古典占星術では、火星を支配星に持つのは「牡羊座」と「蠍座」です。

この2つの星座の役割は、「兵士」になります。

私が昔から歴史を通して感じてきたのは、

「兵」と「賊」は紙一重だということです。

国を守るために出兵した「兵」は、隣の国では「賊」と変わりはないのだから。


牡羊座のイノセントさと、

蠍座の純粋性は違いますが、

この2つは「兵」の資質に大きな影響を与えると感じます。


蠍座の純粋性は、対象が絞られているということです。

高価なものがやみくもに欲しいとか、

とにかく権力を握りたいとか、

幅広く異性の関心を引きたいとかではなく、

自分にとって唯一無二な、たった一つのもの、たった一人の人へ、

蠍座の火星は向かいます。


その思いが「純粋」なほど、その力は増すのです。

だから蠍座の火星は強いのです。

牡羊座の火星のイノセントさが勇気に変化した時、もう何者もそれを阻めないように。



私の火星は蠍座にありませんが、

天を巡る天体が、ある特定のサインに入った時に、身体や心でそれを感じることができるのは幸福だと思う。

耳を澄まして、心を開いて、感じる。


写真は「清王朝」を建国した「乾隆帝」の、北斗七星と龍をモチーフとした宝石。

乾隆帝は1711年9月25日に生まれ、火星は蠍座にありました。

龍が星になる。

北斗七星になる。

蠍座の火星の昇天を感じられる、このモチーフは心に残るものとなりました。





スミレ











スポンサーサイト

別窓 | 火星 | コメント:0 | ∧top | under∨

火星

2016-01-14 Thu 00:06

11035929_570043603138356_3300790813916815008_n.jpg

支配星:牡羊座 ハウス:1 チャクラ:第三 年齢域35歳~45歳

基本的意味:戦う力 行動力 決断力 怒り 攻撃性 野蛮さ

火星は全ての生命が持つ、前進していく力、生き延びていくエネルギーを示します。火星が後ろを振り返るようでは、
生命は種を残していけないように、常に自分の生きる場所やそれに必要なモノを獲得していかなければなりません。
その方法は人それぞれ、自分の能力や個性が違ってきますが、火星はそれらを行動に移す時の手段を示しています。
火星がどの星座、ハウスに入っているかで、その人の攻撃性や勝ち方に関する拘りが見えてきます。
火星がネガティブな状態になると、そのエネルギーが歪められ、自然に自分の気持ちを外へ押し出せません。
やる気を喪失したり、無力感に苛まれる状態に陥る可能性もあります。
怒りや攻撃性は「悪」ではありません。それは「正義」でもあるのです。
火星は自分を守るために必要な要素だからです。
私たちは勝者の子孫であると言われますが、時代の流れの中で、常に生き残った者たちの血が流れています。
それは知恵を働かせて困難に耐え抜いた血もあるでしょうし、
弱い者を踏みつけて生き残った血もあるでしょう。
生き残るためにとった手段は、倫理的な「善悪」はありますが、
生命にとっては本能的に掴み取る結果です。
火星は喜びよりも怒りで人生を前進させていきます。火星が入ったサインが嫌うことを押し付けられると、火星は怒ります。
火星を否定すると、嫌なことをどこまでも受け入れて生きていくことになる可能が高くなります。
それは正義ではなく、ある意味、自己放棄とも言えるのではないでしょうか。

火星はリビドー(性エネルギー)とも深く関わりがあり、その人のSEXを判断する上で重要なファクターになります。
種の刻印を火星は司るからです。
女性の出生図では火星が理想の男性像を象徴します。
火星のチャレンジが続く限り、人は自分の欲するものを手にし、人生を拡大していくことが出来るのです。


火星が私の太陽に近づきつつある夜に、愛をこめて♡

スミレ

別窓 | 火星 | コメント:0 | ∧top | under∨
| このはな池 |