にほんブログ村 I'm sumire art

Facebookページも宣伝

太陽は目的もない

2017-03-26 Sun 01:15

17358700_896881853787861_2082279602537823548_o.jpg

前回、太陽には耳がないを書きながら、あえて書かなかったコトがある。

それは西洋占星術の太陽は、西洋の思想であり、

西洋の基本思想は紛れもなく、「我在り」なのだ。

だけど日本の基本思想は、「無我」であり「無私」

これは意識的にそうだと認識していなくても、この国の成り立ちや歴史の中で培われたものだから、

改めて言葉にするとしっくりこないかもしれない。

西洋占星術における太陽は、確固たる私があって当たり前だから、

太陽を生きるというのは、正真正銘の私を生きるという感じになる。

それでは日本ではどうなのか?と考えると、

この国では「私はいない」のだ。

自分を生きることがとても特別で、そのようなタイトルの本や講座が開かれていたりするほど、

我在り!の太陽は見えずらい。


私の好きな本で「弓と禅」という本がある。

この本は大正時代、ドイツからきた大学教授が弓道を通して禅の教えを習得していく様を描いていて、

西洋からきたヘルゲル教授が西洋の思想で弓道の世界へ入り、

そこで日本の「無我」と「無私」の思想へシフトチェンジされていく様子が注意深く書かれている。

ヘルゲル氏は、矢を放つのは「自分」だと思っている。

師範が矢を放つように、ヘルゲル氏も矢を放とうとするが上手くいかない。

師範はヘルゲル氏に、矢を放つのは「あなた」ではない。

「それ」が矢を放つのだと言う。

「それ」が現れ、矢を放つと。


「正しい弓の道には目的も、意図もありませんぞ!あなたがあくまでも執拗に、

確実に的にあてるために矢の放れを習得しようと努力すればするほど、

ますます放れに成功せず、いよいよ遠のくでしょう。

あなたが余りにも意志的な意志を持っていることが、あなたの邪魔になっているのです。

あなたは意志の行わないものは何も起こらないと考えているのですね



これが「私」である!という明確な太陽が見えないとき、

太陽を見つけることが目的になる。

私にここで明確な答えを示すことはできないけれど、

目的のない道の先には、何も無いのだろうか。

目的だらけの現代人は、目的を持ってあらゆる行動を起こす。

目的を持たず近所を歩くことが、何か特別な儀式のようにさえ感じる。

太陽は耳がない。

そして多分・・・・目的もない。




ヘルゲル氏は、弓道の一連の動作を一部の狂いもなく繰り返し、

自分のオリジナル全くなしで、

呼吸法さえも言われるままに真似をし、

「わたし」が消えて、「それ」が現れる日まで、

来る日も来る日も射続けた。

そしてある瞬間、「それ」がやってくる。

師範は黙って見つめながら、ヘルゲル氏が矢を放った後、

「今、それが来ました」と告げる。

意志で矢を放つのではなく、「それ」が矢を放った。



太陽のもう一つの物語は、この弓と禅から引用しました。



この本の最後、ヘルゲル氏はドイツに戻ることになり、

師範から弓を与えられます。

だけど師範はこの弓を弾きこなせるようになった後、

記念に残してはいけない。

一塊の灰にして葬るようにと言い残します。


こんなふうに最初から最後まで、私のオリジナルを唱えることなく、

日々を繰り返す中で、静かに現れる太陽もあるのではないだろうかと、私は思います。



菫(Sumire)



















スポンサーサイト

別窓 | 太陽 | コメント:0 | ∧top | under∨

太陽は耳がない

2017-03-13 Mon 00:59

17158892_893067057502674_4959639646715807524_o.jpg



太陽は耳がない。

何も聞こえない方がいいから。

それは他の天体の役割です。

太陽に反省しなくてもいい。

それは土星とか、月とかが十分やってくれる。


例えば小さな頃、キレイな洋服が大好きだった女の子が、

着せ替え人形で遊んだり、自分も可愛い服でないと着たくないと泣いたりして、

学校へ行き出しても、勉強しないでお洒落することばかり考えている。

周りから「勉強しないと将来困るよ!」と言われ、それはそうだろうなと思いつつも、

ノートには着てみたい洋服のデザインや、ファッション誌の切り抜きばかりで、

成績は上がる気配すらなし。

進学するときも、進学校ではないデザイン科のある学校を選んだり、

制服が可愛い学校に通うことになったりする。

高校生になる頃には、自分で簡単な服を縫うこともできるようになり、

アルバイト先は勿論、好きな洋服屋さんを選ぶ。

だんだんファッション関係の友達や知り合いが増えてきて、

専門的な知識も増えていく。

そして洋服を作ったり、探したり、組み合わせたりするセンスは磨かれ、

就職する時は、勿論その世界へ入る。

このストーリーは、太陽の物語。


太陽を生きるとは、

将来への不安から安定を選ぶとか、

この専門知識でいくら稼げるとか、

周囲の期待を裏切りたくないとか、

そんな事は何一つ、重大ではないの。


お金にならない事でも、やりたければやる。

こんな事やっていて、どーするだろうと自分でも笑っちゃうようなコトでも、

好きなら続ける。

お金のコトとか、将来への不安への一手とかは、

他の個人天体が、あーでもない、こーでもないと、

ほっといても考えてくれます。

太陽は土星のお小言も聞き流し、

反省することもなく、これやってる時が楽しいし、

身体の中で自分がムクムクと大きくなっていくと感じることをやる。

太陽が輝けば、他の天体も輝くし、力も持ち始めます。


太陽を生きるって、きっとこんなシンプルなこと。

やりたいと思うことは、10人中10人がきっと持っている。

だけどそこで思考がいろいろ考えだす訳です。

それやって、何か得するか?将来性はあるか?とか。

そのアイデアはとても大切。

だけど、

だ・け・ど、

太陽は耳を持たない方がいい。

なーんにも、聞かなくていいの。


私は子供の頃、家にあった一本の鉛筆と、

新聞広告の裏面(白紙)から始まりました。

そこに絵を描くことから始まった。

一本の鉛筆と、広告の裏だよ。

それでここまで、絵を描き続けてきた。

それをたいそうな事にする必要などないじゃないかと思う。

失うものなんか、ないよ。

太陽の強さは、きっとこんな感じなのかもと思う。





このはな池HP





















別窓 | 太陽 | コメント:0 | ∧top | under∨

太陽

2015-12-20 Sun 00:41

11800398_599509583525091_8781402695071933729_n.jpg

太陽

支配星*獅子座 ハウス*5ハウス 神*アポロン 年齢域*25歳~34歳

12星座占いで言う、あなたの星座は○○座というのは、この太陽がどこの星座に入っているかで決まります。
太陽という存在は「私である」といつから決まっていたのでしょうか。
太陽は人類だけではなく、生命にとって永遠であるのです。
太陽を今生の私とする・・・この占星術の解釈は、とても奥が深いものを感じます。

自分という銀河が存在しているとします。
その中心に太陽があるのです。太陽の記号は☉、数字の「1」と「2」で「ひとつ」となったようなシンボルマークを持っています。
内側の丸が「1」であり、外側の丸は「2」であるとしたら、陰と陽の結合の趣もこのシンボルには感じられるのです。
太陽を中心とした太陽系の惑星は、太陽の光で輝いています。そのエネルギーを得ているのです。
月は無意識に灯る光だとすれば、太陽は無意識では輝きません。
求めるからこそ、太陽は輝きを増すのです。
魂が求めること・・・なぜ魂が求めるかなんてことを、考えて実行する場合はほとんどないように、
それが自分であるという、当たり前を受け入れていくたびに、
太陽は強くなっていきます。
もし私が自分の太陽を生きていると強く感じる時、その前にどんな困難やがっかりするような現実が待っていたとしても、
それを不幸だとは思わないでしょう。幸せなのと、楽なのは違うように、
それは嘘偽りのない魂(太陽)を生きるのですから。
魂が消滅しないように、太陽も無くなりません。
だからと言って、過去からの継承やカルマという次元ではなく、常に「今」であり続ける力を持っているのが太陽です。
太陽は、誰の影響も受けません。
周りと比べたりしません。
もし明日が青空が広がっていたら、空を見上げてみて下さい。
太陽は、ただ自分であれと、その姿からメッセージを送り続けています。
太陽に影は必要ない。

「その影すらも輝かせましょう」

太陽がホロスコープのどこの位置にあるかで、
太陽がどう輝くのか、そのイメージを伝えてきます。
一人一人、その銀河のモデルは同じでも、同じものはないのです。
太陽が輝けば、月も水星も火星も金星も、いっせいにその光を帯びて美しく輝きだします。
アスペクトを一旦置いて、自分の惑星を輝かせたいのであれば、
その力を引き出したいのであれば、まずは太陽を輝かせるべきです。
太陽は喜びです。生きている嬉しさ。ここに私が生きていると、宇宙に手をふるような純粋な合図なのです。
その私が魂の底からムクムクと込み上げてくる創造や情熱に、損得関係なく素直に向かっていく。
太陽はそうやって自分を唯一無二の存在に育ててくれます。

明日、もし雨でも雪でも、太陽の声を聞いてみてください。
そして太陽を大きく吸い込んで、自分の心臓の鼓動を確かめてみて下さい。

私は生きている。

そこから惑星が力を得て回りだします。

自分の身体に銀河が巡り始めます。

それが「太陽」です。



スミレ

別窓 | 太陽 | コメント:0 | ∧top | under∨
| このはな池 |