にほんブログ村 I'm sumire art

Facebookページも宣伝

もっと身近に星と繋がる

2018-02-02 Fri 00:09

12650883_664414400367942_4056591481802909075_n.jpg


これから春に向けて、新しい事にチャレンジしたり、

これをやってみようと決めたのに、弊害に直面してどうしたらいいのだろうと立ち止まったり・・・。

このはな池では、これまで一度でもこのはな池をご利用頂いた方に限り、

そんな、この問題にどう取り組むべきか!という悩みに、お気軽に相談して頂きたいと思っています。

そこで、リピーターさんのみSkypeと対面では60分3500円で、

メールでも同じお値段でお受けします。

気になる人との恋愛相談から、お仕事に関してなど、出生図と経過の天体を紐解きならが、

今、何が出来るのか、一緒に突破口を探してみましょう。

https://mizuhime1031.jimdo.com/お申込み-お問い合わせ/


スポンサーサイト

別窓 | 未分類 | コメント:1 | ∧top | under∨

星を生きる

2017-11-26 Sun 23:28

img_2.jpg

先日、蠍座に太陽4天体をお持ちの方からメールを頂きました。

蠍座に木星が入り、だけど幸せを感じられないという内容でした。

木星は拡大と幸運の天体ですが、この方のホロスコープは不動宮のグランドクロスをお持ちで、

単純に木星=ラッキーというものにはならないと思います。

不動宮にスクエア(Tスクエア)をお持ちの方にも言えることですが、

思い出してみて欲しい事があります。

蠍座に土星が入っていた2012年の秋から2015年の年末までの「私」を。

あれから3年ほど経ち、その時に自分が何を得て、何を諦めて、何を失ったのかを思い出してみて欲しい。

木星と土星はまるで「禍福は糾える縄の如し」です。

苦しみや悲しみが、全く自分の糧にならず、

喜びや安定のみが、自分を支えるわけではない。

どちらも「体験」という貴重な宝物です。

土星の時期に得られたものとは、違うアプローチで木星はホロスコープに何だかの影響を及ぼします。

特に不動宮にハードアスペクトをお持ちの方は、蠍座木星期は「煽られる」ような感じがするかもしれない。

この場合、蠍座のハウスの視点を優先してほしい。

10ハウスなら、歪みを覚悟でその視点を軸にして、計画を立ててみて下さい。

ただ特に獅子座と水瓶座の領域(ハウス)に関しては、ある程度バランスを取る必要があります。

つまり「配慮する」ということ。

10ハウスをメインにすると、1ハウスと7ハウスに圧力がかかるコトになると事前に予想できるのですから、

起こりうる困難に対して、フォローする準備を同時に進めるのです。

土星期に何が起こったかで、そのイメージはある程度感じられるのではないでしょうか。

星を生きるとは、どれくらい腹を据えて受け止めていくかということだと思う。

とにかく蠍座にある天体に木星が重なっていく1年が始まりました。

ハードでもソフトでも、その蠍座にある天体とアスペクトを持つ天体は、

木星の影響を受けることになります。

起こることは選べないのです。選べるのは「どう受け止めるのか」だけ。

夜と霧に書かれているコトに似ています。・・・と言うか、それしかないのだと思います。

まずは行動してみて下さい。

ヒントはハウスです。

また何かあったらメール(コメント)下されば、ブログの中で出来るだけ一緒に考えていきたいと思います。




別窓 | 未分類 | コメント:2 | ∧top | under∨

ダメダメな夜

2017-04-19 Wed 00:50



再生する時、音量がマックス設定になっているので気を付けてね。

クタクタになって、フニャフニャになってるときに、
 
命は美しいとか、
 
尊いとか、
 
そんな言葉は、心まで届かない。
 
いっそ、死んでしまいたいとか、
 
死んでくれとか、
 
そんなフレーズのほうが、
 
何か笑えて、
 
やっぱり?それしかないか?とか、
 
おセンチを通り越して、
 
どうでもよくなって、
 
それが何だって?
 
それがどうしたのかって?
 
そんな気持ちになって、
 
なんにも期待しなくなる。
 
それで欲張ってバタバタしている自分が、
 
可笑しくなって、
 
そっとしてよって、
 
眠くなって、私は眠る。
 
 
ブルースは超ネガティブパワーで、
 
私をヨシヨシと、
 
眠らせてくれる。
 
 
 
ありのままの気分で、
 
眠れたら、
 
無理して誇り高い自分へ手を伸ばすより、
 
今のところはこのまま、
 
ありのままで自分を笑えたほうが、
 
よっぽど、生きていられそうな気分になる。


たまにはダメダメな夜から、愛を込めて。
 
 

別窓 | 未分類 | コメント:0 | ∧top | under∨

未来予想図

2016-09-13 Tue 00:51

これから先のことを予測するのに、経過(トランジッド)の天体を出生図に重ねて読む方法と、
プログレス(1日1年法)と、その年の誕生日からの1年間の図(ソーラーリターン図)といろいろありますが、
私の実感としては、一番しっくりくるのは「ソーラーリターン図」です。
プログレスの月は自分の今の立ち位置や、心理的な環境を示すのに参考になります。
トランジットはタイミングを計るのに役立つ感じ。

ソーラーリターン図に関しては、具体的な1年間の方向性が読み取れます。
私の今年のソーラーリターン図は、7ハウスに月が入り水星と120度を作っていますが、
新しく知り合う女性と、とにかくよく語り合う。
9ハウスに火星と金星で、出不精だったはずが、よく飛行機に乗ってどこかへ出かけるようになりました。
お誕生日からの1年の地図・・・その表現がピッタリだと思います。
その1年に自分が何をすべきかも如実にわかるので、指針を立てやすくなります。

人生には「時期」というものがあって、
例えば今、私は仕事を頑張りたい!キャリアを築き上を目指したい!と考えていたとしても、
ソーラーリターン図で4ハウスに天体が集まっていたり、太陽が入っていたりすると、
それを行う場所は通勤している会社ではないかもしれません。
12ハウスだともっと見えにくい場所で、しかも密かに事を運び、
人に影響を与える事で気が付いたらキャリアが築けていたという感じになる。
もしくは、家庭や自分の足元を見つめて、そこを充実させる方が将来的に優位に立てる可能性もあります。
新月が満月への満ちて、そして欠けていくように、
この「時期」というものを心得ることが、本当の知性ではないかと思います。


スミレ


別窓 | 未分類 | コメント:0 | ∧top | under∨

リリス 幻にさよなら

2016-05-18 Wed 00:54

久しぶりの日記の更新です。
4月は初旬にとても心揺さぶられることがあって、その後もずっと揺れていました。
それは一度諦めたことが舞い戻ってきて、その時の願いを叶えてくれるそんな感覚でした。
だけどそれは実態の無い夢のような、ホロスコープで例えるならリリスのようなもの。
リリスは月の遠地点。
楕円を描く月の軌道上における地球から最も離れた点=月の遠地点(リリス)です。

リリスは実態を持たない遥かなイメージの中に存在しています。
それは捕まえきれなかったからこそ、消えてなくならない夢です。
もし掴んでしまえばきっとその価値はいつしか消えて、日々忘れ行くだけの記憶の海へと沈むだけ。
リリスのように、叶わないから残っていくものもあるのだと思いました。
リリスに足を掴まれる感覚の中に5月の初旬までいて、徐々に上昇しています。
現実的な物事の進みは遅れ、結実の訪れは遠のいていく・・・。
だけどその時に私が溺れていた水は、普通では潤せない場所にイメージを与えてくれました。
それを言葉で説明するのは難しいのですが、
欲望を幻想で満たすような感じかもしれません。

時間の流れの外にあって、浦島太郎のようにリリスの水にずっと浸っている訳にはいかず、
玉手箱を持って戻って来なくてはいけません、
この箱の中には、「何も無い」という「恐怖」が入っています。
その箱を開けて、幻にさよならを言うのです。


スミレ

別窓 | 未分類 | コメント:0 | ∧top | under∨
| このはな池 | NEXT