にほんブログ村 I'm sumire art

Facebookページも宣伝

蠍座と木星

2017-10-07 Sat 00:51

12025579_617212161754833_172377950_n (2)
10日に蠍座に木星が入りますね。時間ってぶつ切りで存在しているものではないので、
木星と天秤座を踏まえて考えてみようと思います

バランス重視の天秤座から、極端に振り切る蠍座へ木星が入ると、
物事に深く関わり、見つめきる事で、今まで踏み入れなかった領域へ進行していく事が出来ます。
人間関係においても、興味のある分野についても、これまでより一歩踏み込む感じ。
蠍座は清濁を合わせ飲むサインですから、
基準が「正しい」とか「間違っている」ではない。
天秤座の天秤から零れ落ちた、心の欠片を拾い集めて、
間違っているコトも、必要なら自分の一部にしていくサインです。
蠍座木星期は、天秤座木星期で収穫した・・・(例えそれが満足できない結果であっても)
それを融解して区別がつかなくなるまで、見えなくしていく時期だと思う。
蠍座は水のサインで、その水とは「精液」のように沢山の情報を所有していながらも、
その遺伝子は目では区別できません。
遺伝子は良いも悪いも、勝ちも負けも含んでいます。
ある意味、コントロールできないものへ変化させていくサインです。
人がコントロールして生産していくものには、限界があります。
それは自分たちの「損」にならない程度のモノしか生まれてこないからです。
かつて、ナチス政権が遺伝の優越を厳選し、
劣っている遺伝子を徹底的に排除しようとしましたが、
蠍座はそこに刻まれた情報に、上も下もない世界。
今回、ノーベル文学賞を受賞された作家の作品にも、試験管で、
クローン人間を造り、臓器を提供させるという物語を書かれていますが、
蠍座木星期にどこかリンクするなあと感じました。
現在、優秀な遺伝子をピックアップして、誰かの思い通りの子供を産むコトも現実化されそうな時代です。
蠍座の守護星は「冥王星」ですが、この天体には人間の損得勘定は適応されません。
だから蠍座木星期は、これは有意義だから残そうとか、
これは不利益だから捨てようとか、そのような基準を用いない方が良いのです。
漫画のナウシカのラストで、ナウシカが清浄な人間を創り出すプロセスを破壊して、、
命は闇から生まれ、闇へ帰るのだ!と言い切る感じ。

何故なら、滅びは蠍座の一部。

蠍から毒を取り除けば、それは蠍ではありません。
ただの乾いた無抵抗な虫です。

正しいけれど、つまらないモノより、
間違っているかもしれないけれど、惹きつけられるモノを選んで下さい。
それを体内で分解し、自分の一部として下さい。
そこから物語は始まります。
そこから自分の目先の都合を超えた、不都合なものが生まれ、
根底から自分を揺るがし、
そして私たちは、超えられない壁を超えるのだと思うのです。



菫   


スポンサーサイト

別窓 | アストロジー | コメント:0 | ∧top | under∨

秋分と死者の書

2017-09-18 Mon 23:17

img_0 (23)



民俗学者である折口信夫氏が書いた「死者の書」という物語があります。

この物語の主人公は中将姫こと「郎女」で、奈良時代に実在した女性です。

郎女が春分の日、二上山に沈む太陽を見ていると、美しい男の姿がそこに現れます。

その男は飛鳥時代に実在した、天武天皇の子である「大津皇子」です。

大津皇子は謀反を疑われ21歳の若さで無念まま亡くなっています。

飛鳥時代と奈良時代、時空を超えて、春分の日に郎女と大津皇子は出会うのです。

大津皇子は死霊として毎晩、郎女の元へやってきては子孫を残せなかった無念をぶつけます。

郎女が大津皇子の恋人と似ていたからです。

私も行きずりの落ち武者の幽霊に寝込みを襲われた経験があるので、

大津皇子が郎女の前に現れる感じが、何となく自分の中で想像できます。

大津皇子は天皇家の血統であり、男でもありますから、

当然、我が血をひく子を残したかった。


郎女は大津皇子を慰める為に、秋分の日から蓮の糸で曼荼羅を織り始めます。

最終的に曼荼羅の中心の阿弥陀如来と大津皇子は一体化していきます。



春分に始まった死者との逢瀬は、大津皇子の願いは叶わずとも、

秋分に「曼荼羅」とう実を結びました。

大津皇子の望んだ事とは違う「形」で結実するのです。

それは天皇家の血筋(古来の神々)が、郎女の仏教信仰と結合するのと重なります。


今年の秋分のホロスコープを見ていると、この「死者の書」を如実に思い描けます。

太陽が天秤座に入った瞬間の天体図は、

乙女座の火星と魚座の海王星が180度で向き合っていて、

大津皇子(死霊)の激しい思念は、魚座の海王星(郎女の織る曼荼羅)で浄化されていくようです。

そして牡羊座の天王星と天秤座の木星は、

お互いのサインの最終局面に入った状態で180度で向き合います。

牡羊座の天王星(野生の直感)が、天秤座の木星(調和と許し)へ注がれる。

春分で始まった郎女と大津皇子の時間も距離も超えた交流は、

秋分で曼荼羅を織るという、実に調和の取れた美しい方法で融合するのです。

秋のお彼岸は命の分かれ目を示すものでもありました。

その年のお米の出来高を知る時期だからです。

この時期、私たちの祖先は冬を越せるか(生きられるか)どうかの審判を受けてきました。

不作であっても、もうどうする事もできません。

秋分の結果はあるがままなのです。

曼荼羅は非常に調和のとれた美しいバランスで構成されています。

それは悲しくても、 嬉しくても、不遇でも、

そこに自己を無くして無私の目で見つめると、

それは愛しい面影が残る、時間の一欠けらです。

秋分は、収穫した結晶(欠片)を構成し配置していくス新たなスタートライン。

ここからは、その個人の心持と、そして導いてくれる見えない声が大切になります。

10月に木星が蠍座に入るのと、今回の秋分図は一つの流れで捉えると良いと思います。

木星が蠍座に入るコトについては、また次回に・・・・。







別窓 | アストロジー | コメント:0 | ∧top | under∨

水の女神と男

2017-08-17 Thu 01:24

20841011_996680530474659_3105601919032114351_n.jpg
弁天池へ行きました。
出かける前の夜、娘とご飯を食べていると、幻視で娘の左のこめかみから血が流れいて、
ハッとしながらも、黙って食事を続けました。
次の日、一緒に山口県へドライブに行く予定だったので、少し思案する・・・。
夜、眠る前にその幻視の事を娘に話すと、
面白いくらいに怖がって、その姿が何だか可笑しくって私は大笑いしました。
すっかり場の空気が変わって、安全運転で出かけることに決定しました。
こういう事は言葉にした方が、経験上良いのです。
そして笑って(バカにして笑うのではなく)楽しい気持ちに切り替える。
そして感謝すると良いです。

水の美しい場所は、大抵、女神の縄張りです、
アーサー王が湖の女神から聖剣を受け取ったり、
水滸伝の中に登場する女神は九天玄女。
池の真ん中にある祠には弁天様が居るし。

そして水の女神は、とても強いです。
どこか気鬱さも感じさせる深さがあって、
創造のミューズは、この気鬱さから美しいものを引っ張り出します。

20840726_996680443808001_2563389637698316368_n.jpg


水の女神と繋がると、負荷も背負うことになりますが、
それは水に沈みやすくなるので、
よりディープに水の記憶に触れることができます。
そして大切な事は、一人でその水に浸からなくてはいけないということ。
誰も知らないままに、溺れてもがく。

水から上がってきた時、
自分の事には関心がなくなります。
水で融解してしまって、自分という輪郭が曖昧になる。

他の人にはそう見えないけれど、
ずぶ濡れのまま、ヒタヒタと雫を垂らしながら、
家に帰るのです。

そして自分の前に、何者かが現れる。
アーサー王のように。
宋江のように。
その時、その男にどうでも良くなって溶けだした「私の一部」を授けるのです。
エクスカリバーを授けるように。
その男はその「私の分身」を持って、戦いに向かいます。


女は時々、こうやって一人で水に沈みに行かなくてはいけないのかもしれません。
男がやって来るから。
癒して欲しいと、強くして欲しいと言って。
私の溶けだした一部を求めて。






別窓 | 女神との会話 | コメント:0 | ∧top | under∨

弁天様とシンボロジーの旅

2017-07-17 Mon 23:41

1797622_682100445266004_451108004512626082_n_LI.jpg

今年も10月の始めに、宮島に行って弥山に登ります。
またご一緒してくれる方が居るといいなあ。
9月30日午前10時に宮島フェリー乗り場に集合です。
現地集合、現地解散だから気ままに参加して下さい♡

翌日10月1日 ホロスコープからライフシール(シンボル)を探すワークショップの計画を立ててみました(^^)/
場所は広島市内の予定で、シンボルについての資料をお配りして講座を行った後、みんなでmy symbolをさがしましょう。
ホロスコープとシンボルのワークショップの参加費は3000円
ワークショップへの参加は自由。
宮島に行って弥山に登ってみたい方(ただし結構ハード)や、
星とシンボルについてのお話しに興味がある方は是非ご参加下さいませ。

お申込み、お問い合わせはこちらまで

ワークショップの参加は定数になり次第締め切ります。




別窓 | 星と繋がるワークショップ | コメント:0 | ∧top | under∨

ライフシール 月の聖杯

2017-07-03 Mon 22:49

先日モニターさん募集したライフシールが順調に進んでいます。

乙女座の月を聖杯というシンボルにしたシールです。

太陽は牡羊座の火のサインが強い方で、独立独歩なのですが、

これまでご自分で最初からスタートさせた事ではなく、

おっしゃ、私に任せとけ!と、引き受ける方面で牡羊座のリーダーシップを発揮されていて、

十分に実績も経験も積んで来られました。

満を期して、

これからはご自分自身が心からスタートさせてみたい事に情熱を注ぎ、

誰も知らない未知な世界へ挑戦される為のシールを描けたのではないかと思います。


聖杯は乙女座の月らしく、百合の花を挿しました。

そこに注がれている水は、魚座の火星と蠍座の天王星です。

この水には奇妙なテンションの高さがあって、何が生まれるか予測不能です。

魚座の火星はポセイドンの一撃みたいで、

その一撃は地上生活に有効か?という必殺技だし、

蠍座の天王星って、蠍座の得意技の遺伝子レベルで取り込んでやる!作戦を実行しようものなら、

遺伝子レベルで解体が始まってしまいそうで、そこまでの変容望むわけ?という感じになります。

この水は新時代のエネルギーのようで、

これからこの水を必要とする人達が集まって、ここに新しい命の種を落として、

自らも力を得て飛び立っていくのかもしれません。


19665464_968864113256301_632085031735928588_n.jpg


自分自身の才能や実績や経験を、

まるっと自分のモノだと思っている人は、全くの勘違いをしていると私は思います。

それは何者かが自分にその時、その時に与えてくれたモノであり、

そしてバトンのように、また何者かへ引き継いでいくものだからです。

全ては「私」を経て通り過ぎて行きます。

才能も、愛も、夢も、実感も。

永遠はそのバトンに託す祈りの中にあって、

だからそのバトンを受け取った瞬間の感動は、人を強く突き動かすのです。

聖杯の水は尽きることなく湧き上がり、

ここに水がある限り、沢山の命が訪問し続けます。

月はただの入れ物かもしれないけれど、この入れ物無しでは物語は生まれない。

だから聖杯なのです。

託しながら攻める。

この12ハウスの乙女座の月と8ハウス牡羊座の太陽らしい物語がどう展開していくのか、

これから私もワクワクしながら見守りたいと思います。



LOVE FROM  菫






別窓 | ライフシール | コメント:0 | ∧top | under∨
| このはな池 | NEXT